スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ準決勝・その2 (All Blacks VS Wallabies)

 南アフリカを下してきたオーストラリア陣営は、オールブラックスに勝つ気満々。 ・・・というのも、当然といえば当然なのだが。 「オールブラックスが強い理由 ラグビー世界最強組織の常勝スピリット」を読んでいれば、特に ジョージ・グレーガン(オーストラリア出身・ヴェテランプレイヤー) の章を読んでいれば、特にそう思う。
 オールブラックスは確かに世界最強だが、対するオーストラリアも世界ランキング2位の強敵である。 世界ランクだけを見れば正に、事実上の決勝戦ともなりうる戦いとなる というのは誰でも予測できることだが・・・・・・



オーストラリア代表は 1 - 2 - 3番 が Sekope KepuStephen MooreBen Alexander
 4番&5番が Dan Vickerman & James Horwill(C) で、
 6番&7番 が Rocky Elsom & David Pocock
 No.8が Radike Samo 、スクラムハーフが Will Genia 、スタンドオフが Quade Cooper
 センター(12 & 13番)が Pat McCabe & Anthony Faingaa
 ウィング(11 & 14番) が Digby Ioane & James O'Conner
 フルバックが Adam Ashley-Cooper  ・・・という陣営。

オールブラックスは 1 - 2 - 3番 が Tony WoodcockKeven MealamuOwen Franks
 4番&5番が、Sam Whitelock & Brad Thorn で、
 6番&7番 が Jerome Kaino & Richie McCaw(C) 、
 No.8が Kieran Read 、スクラムハーフが Piri Weepu 、スタンドオフが Aaron Cruden
 12 & 13番が Ma'a Nonu & Conrad Smith
 11 & 14番が Richard Kahui & Cory Jane
 フルバックが Israel Dagg  ・・・という陣営。 また、ウッドコック のキャップ数は82と、プロップとしては世界最多である。
 メアラム は、怪我をした マッコウ の代理としての出場。

 Pack Weight は、オーストラリアが908㎏、NZが899㎏ と、一人当たり1㎏前後オーストラリアが重い状態。
 オーストラリアの ポーコック は、前の試合(南アフリカ相手の準々決勝戦)で「マン・オヴ・ザ・マッチ」を受賞している。


 天気は晴れ、気温13℃で風速は3.1m という条件下で試合は始まる事に。

 試合開始5分、NZの ノヌ(12番) が ダグ からのパスを繋げてトライを決めた。 ウィップー(9番) のキックは外れ、先ずはNZが 5 - 0 とリードする。
 12分頃、ウィップー のPGが決まって、NZが更に点差を広げた(8 - 0)。
 19分、前の試合(アルゼンチン戦)で非常に高精度のキックを決めていた ウィップー が、再びPGでキックを外していた。
 20分頃、オーストラリアは ケプ(1番) を J.スリッパー(Slipper)(17番) と交代した。
 21分、今回が初先発である クルーデン がDGを決めて、NZが更に付き放しに掛かる。
 22分、オーストラリアは ヴィッカーマン(4番) が シモンズ(18番) に交替した。
 32分頃、クーパー がDGを決めて、オーストラリアは 11 - 6 と徐々に迫っていく。
 前半終了5分前、マッケイブ(12番) が ベーリック・バーンズ(21番) と、オーストラリアは選手交代する。
 前半残り3分ほどで、ペナルティからのキックを ウィップー が決め、NZは 14 - 6 と差を広げに掛かる。

 オーストラリア陣営に マッケイブ が戻った状態で、後半が始まった。
 後半開始2分にして、ウィップー のPGが決まった。 どうやらこれで彼自身、テストマッチでのキックによる点数が自身ちょうど100点目となる んだと・・・・・・  とにかく、結果、NZが 17 - 6 と差を再びつける。
 7分頃、マッケイブ と バーンズ が交替。
 15分、PG選択からの ウィップー による長距離(50m以上)キックは、外れた。
 16分、それまでベンチでずっとアップしていた エリス(Andy Ellis)(20番) と ウィップー が交替した。また同時に、ホワイトロック と アリ・ウィリアムズ(18番) が交代。
 20分頃、オーストラリアの選手交代。 ヴィッカーマン と シモンズ 、サモ と ベン・マッコールマン(19番) が入れ替え。
 21分頃、オーストラリア陣営のゴール間際でのめまぐるしい攻防が展開された。 そして22分頃に、オーストラリアは ファインガア(13番) を引っ込めて ロブ・ホーン(22番) を出してきた。
 23分、NZは メアラム と ホア(16番) を交替。
 25分頃に、オーストラリアは モーア を ポロタ=ナウ(16番) と交代した。
 26分頃、スクラムのプレイ中にコラプシング発生、複数選手同士が激しくヒートアップしてしまい、喧嘩になりかけた。ここでオーストラリアにペナルティが入り、NZは クルーデン がゴールを狙った ・・・が、キックは外れた。
 28分頃、エリス が激しく出血しており、一時フィールドを離れていた ウィップー が入ってきた。
 30分頃、ノヌ が、誰の目から見てもノックオンだとすぐに判るような ・・・というか、随分なノックオン・ミスをしてしまう。随分と珍しいケースだったが、この次に選択したスクラムからNZはぐんぐんと押し勝ち、大きなアドヴァンテージを取る。
 そして31分、ウィップー がPGを見事に決めて、20 - 6 と、2トライ2ゴール差をつける。
 そして、止めとばかりに、S.B.ウィリアムス が(ノヌ と交替して)出てきた の だ が ・・・・・・
 33分、エリス の血が止まったので ウィップー が引っ込んで交替して出てくる。
 そして残り時間もあと5分という所で、S.B.ウィリアムス が、事もあろうにハイタックル(≒デンジャラス・タックル)でシンビンを喰らい、オールブラックスは残り時間を14人だけで戦う事になってしまった。
 個人的な予測 というのも変かも知れないが、急にこの段階まで来てこの展開というのは、オーストラリアが同点どころか逆転勝ち出来る可能性が非常に高くなって来るようなものなので、オーストラリアの奮闘に期待すると同時にNZ(というか、S.B.ウィリアムス一個人)に対して「きちんと締ってないなぁ~」という気がしてならなかった。
 残り2分、ノットロールアウェイによるNZペナルティからオーストラリアの怒涛の攻撃が繰り出されるも、NZがターンオーヴァーを決めてアドヴァンテージを大きく獲得、更にタッチキックで陣地を大きく取り返してしまう。
 残り1分で、NZが全ての余力を出し尽くすべく、カイノ を ヴィト(19番) と交代した。
 最後の最後までNZは攻撃の手を緩めることなく、一度は攻め込まれるもターンオーヴァー(キック)で再び陣地を取り返し、最後の抵抗(キックボールを エルソム がキャッチした)を、エルソム をタックルでライン外に押し出すことで試合を締め括った。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ    にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村     にほんブログ村


 フランスとニュージーランドによる決勝戦は、10/23である。 果たして、どのような試合展開が待っているのだろうか・・・・・・???
スポンサーサイト

テーマ : ラグビーW杯
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。