スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-1 第16戦・韓国グランプリ in 霊岩

 前回(鈴鹿)で今年のチャンピオンが決まったヴェッテルの紹介シーンでは、見事にメロディック&アグレッシヴなヘヴィメタルのインストが華麗に奏でられていた。

 
 韓国の霊岩(Yeong Am, ヨンアム)群に位置する 韓国インターナショナル・サーキット(5.621km × 55周。 ストレートラインは、実に1160㎞もある) にて開催されるこのレースは、コースがあまり良くないといわれている上に、予選では雨のお蔭で感覚を掴めなかったレーサーが多かった。

 ポールポジションは ハミルトン がとった。 続いて、ヴェッテルバトンウェバーマッサアロンゾロズベルクペトロフディ・レスタスーティル(10位) 、アルグエルスアリシューマッハーブエミ可夢偉(14位) 、セナ ・・・・・・という順位。

 路面温度24℃・気温21℃ という条件のもとで、レースは始まる。

 第1周目、5位の マッサ が3位に飛び出す。 また、早速 ハミルトン と ヴェッテル のバトル状態に。 更に、オープニングラップの序盤から目がぱらつき始めるという状態で始まる。
 第2周目、バトン が6位にまで下がる。 リウッツィ がピットイン。
 第5周目、シューマッハー が ディ・レスタ を抜いて9位に。
 第6周目、可夢偉(13位) の後ろに、一度はスタート時点で順位を大きく落としていた ブエミ が迫ってくる。
 第7周目、ペトロフ と ディ・レスタ が8位争いのバトルを展開。 また、その後方では ブエミ13位 - 可夢偉14位 という、スタート時の順番で2人がレースをするという事態が・・・
 第10周目、ウェバー - マッサ - アロンゾの3者による3位争いのバトルに、徐々にバトンも加わり出す形に。
 第11周目、可夢偉と バリチェッロ 、ピットイン。 ピットアウト後は、グロック19位、可夢偉20位、バリチェッロ21位、リカルド22位。
 第12周目、ディ・レスタ がピットインし、18位に戻る(この時、可夢偉は19位)。 セナ 、大きくコースオフしてしまう。
 第13周目では、マッサ と アロンゾ による4位荒塩のバトルが展開(前述の2人はタイム差が大分出ており、バトルに参加しているとは言えない)。 トゥルーリ 、ピットイン。
 第14周目、バトン と ロズベルク 、ピットイン。双方ともにピットアウト後にすぐにバトルを展開。 また、スーティル10位、ロズベルク11位、バトン12位、マルドナード13位。
 第15周目で ウェバー 、マッサ 、ペトロフ 、ブエミ 、ピットイン。 また、バトン が ロズベルク を抜き去った。
 第16周目で、ハミルトン と アロンゾ がピットイン。 また、バトン が スーティル を抜く。
 第17周目、ヴェッテル がピットイン。 ペトロフ が シューマッハー と接触したためにマシンのフロントウィングが落下し、その影響でセーフティカーが出動。 スーティル 、マルドナード 、ペレス 、グロック 、リカルド 、ダンブロジオ 、ピットイン。 シューマッハー はそのままリタイアし、ペトロフ はピットに戻ってからリタイアした。
 第20周目でセーフティカーが出ていき、レースが再開される。 → ウェバー と バトン による3位争いのバトルが再開することに。
 第22周目の時点で、審議対象となっていたピットアウト時の事で マルドナード がドライヴスルーペナルティを喰らう。
 第24周目、可夢偉と セナ による14位争いのバトルが展開。 しかし、その可夢偉は第25周目で、ウィングパーツの交換でピットインする事に。
 第27周目では マッサ が、ロズベルク に続いて アロンゾ を抜き去った。 そのまま、マッサ と アロンゾ との5位争いのバトルが始まる事に。 また、ヴェッテル - ハミルトン - ウェバー と、タイヤマネジメント・スタイルの異なる3人の距離が縮まってくる。
 第28周目、ロズベルク 、ピットイン。
 第29周目、マルドナード 、イットイン。 また、可夢偉は リカルド と ダンブロジオ の2人をコーナーでまとめて抜き去り、18位に浮上。
 第33周目で、ハミルトン と ウェバー のバトルが展開。 また、後方では マルドナード がいつの間にかリタイアしており、可夢偉が17位に。
 第34周目では ハミルトン とウェバー の2人が共にピットインする。ピットアウト後、ハミルトン は6位、ウェバー は7位の位置に戻り、早速2人でバトルを再開した。
 第35周目、ヴェッテル 、バトン 、マッサ がピットイン。 また、ブエミ 、スーティル による7位争いのバトルを、そしてその後方では、ディ・レスタ と コヴァライネン が12位争いを展開していた。
 第37周目では、アロンゾ1位 - ヴェッテル2位 - アルグエルスアリ3位 という状態に。 ブエミ 、ペレス 、トゥルーリ 、ピットイン。
 第38周目で アロンゾ と アルグエルスアリ がピットイン。それぞれ、ピットアウト後には5位と8位の位置に戻った。
 第39周目、コヴァライネン 、ダンブロジオ 、ピットイン。
 第42周目、グロック 、リカルド 、ピットイン。 続く第43周目で、可夢偉がピットインした。
 第47周目で、ハミルトン - ウェバー - バトン による2位争いのバトル。
 第49周目、周回遅れの トゥルーリ を躱しつつ、ハミルトン が ウェバー を抜き去った。 また、ブエミ と ディ・レスタ の9位争いのバトル。
 第54周目では、バリチェッロ と ペレス による12位争いのバトルが、その後(ご)に少し前の方で、アルグエルスアリ と ロズベルク による7位争いのバトルが。 また、何故かこのタイミングで ペレス がピットインし、そのままレースに普通に戻った・・・???
 
 結果、ヴェッテルがトップでゴールし、2位にはハミルトンが、3位にはウェバーが入った。 以下、10位まではバトン 、アロンゾ 、マッサ 、アルグエルスアリ 、ロズベルク 、ブエミ 、ディ・レスタ という順位。 可夢偉は、コヴァライネン(14位) と ペレス(16位) に挟まれた15位に終わった。
   
 
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村


次戦(第17戦目)は、インドで10/30に開かれる。 出走レーサーの事情が若干気になりもするが、果たして・・・・・・???
スポンサーサイト

テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。