スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、日本は ・・・いや、人類の世界は正に血塗られた状態である -SLAYER「World painted blood」

 東北~北関東の震災余波や放射能汚染、アメリカの貧富の格差によるデモやギリシャでの国家規模の大赤字、その他諸々・・・ 我々人類の住む世界は、正に「霊長目・ヒト科動物 の、実質的な絶滅(≒破滅)へのカウントダウン」を地で目指している,といえよう。
 「COPPELION」アニメに対するスターチャイルドの仕打ち(強引な証拠データ削除による“無かった事にする”件)にしても、既に、人間社会は地球上から抹殺されるといえるだろう・・・

 そんな言葉が正しく相応し過ぎる、スラッシュメタル界の帝王・SLAYER の最新アルバム「World painted blood」を。

 実質、アルバムコンセプトとしては・・・・・・・・・ デビュー作のタイトルや曲などからしても、凶悪度満載 という意味では、まったくの不変である。

 このバンドメンバーのネーミング・センスは、本当に抜群の優れものだと、つくづく思い知らされる。 そんな事を思わされた。 本当に、見事なまでの「アンチテーゼまっしぐら」としか言いようのない極悪なアルバムタイトル&曲タイトルで埋め尽くされた、しかも、やけにカッコ良い曲の並ぶ、スラッシュメタル作品だ。


SLAYER 「World painted blood」 (2010年)
 以前は、受けたインパクトの大きさが理由で見送りにしていた( LAZARUS a.d. のデビュー作を優先した)が、何というか、今更にして強烈に欲しくなってしまったので。
 輸入盤につき、オビなし。

[CD - side ]
1. World painted blood
 
2. Unit 7331
3. Snufe
4. Beauty through order
5. Hate worldwide   
6. Public display of dismemberment
7. Human strain
8. Americon   
9. Psychopathy red
10. Playing with dolls
11. Not of this god

[ DVD - side ] : Playing with dolls
1. World Painted blood
3. Playing with dolls
4. Public display of dismemberment
5. Hate worldwide
6. Americon
7. Atrocity Vendor
8. Human strain
9. Beauty through order
10. Psychopathy red
11. Not of this god
12. Unit 731
 
 DVD版は、母を猟奇殺人犯に殺されたトラウマを持つ青年(演:Randall Kaplan) が、自身も凄まじい猟奇殺人犯と成り果てて行く様の描かれた ・・・SLAYER の曲(PV)紹介とは無縁の独立した、18分程度のショートフィルム(かなりグロテスクで18禁指定)なので、あしからず。
 当然 ? というか、自分としては、「何で、SLAYER の(PVとか)曲をフィーチュアしたヴァージョンじゃないんだ?」という気持ちがしたので、このDVD付きヴァージョンの方は、却ってマイナスイメージを持ってしまった。 ・・・・・・いや、何というか、しっかりしたオチの付かない変な終わり方をしていたので味気無くって、まるでホラー(B級とか)や恋愛とか不条理ギャグみたいな、実に下らん作りだった。多分このDVDは元々、いわゆる「Z級」を狙ったんだろうか? 個人的に、そう思ってしまったストーリーだった。
 そんなわけで、79点。 DVDの付いてない蛇足版よりも、CDのみの方が却って遥かに評価が高くなる。 個人的に、そんな事を感じさせられた作風だった。
 B誌の方では、「国内向けのCDのみヴァージョン」としての評点らしい点数が付いていた。 (伊藤92 - 小澤96 - 土屋90 - 羽田85)


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : THRASH METAL
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。