スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TESLA's non-electro & electro lives!!!

 グラム・メタルとほぼ同時期にデビューした、アメリカはカリフォルニア州出身の、知的な側面も有するHRバンド、TESLA のライヴアルバム2枚を。
  最新アルバムの記事


TESLA 「Alive in Europe!」 (2010年)
 最新アルバム「forever more」発表後に出した、復活後初のライヴアルバム。 CD最大限の80分に限りなく迫った大容量の作品。
オビ:「アメリカン・ハード・ロックの雄テスラ、強熱のライヴ・アルバム・リリース! 2009年夏のヨーロッパ・ツアーからのベスト・テイクを収録したまさにグレイテスト・ヒッツ・アルバム。 80年代から続く永遠のエナジー、詩心溢れる絶妙のパフォーマンスに陶酔せよ!」

1. Forever more
2. I wanna live
3. Modern day cowboy
  
4. Heaven's trail
5. What a shame
6. Shine away
7. Love song
8. What you give
 
9. The way it is
10. Breakin' free
11. Hang tough
12. So what!
13. Signs
14. Little Suzi
15. Into the now

 AORの雰囲気を醸し出す、老若男女全てが聴けるタイプの“良質なロックバンドによるライヴ作” というトータルイメージ。 全てが名曲。
 87点。 B誌では、幅さんが83点を付けていた。 ドライヴ感(≒スピード感)という意味では、当然だが以下に挙げるアルバムよりも圧倒的。


「Five man acoustical jam」 (1991年)
 現時点では品切れなどの状態で、中古店でしか手に入らない。
オビ、紛失。 10年程の付き合いになるアルバムで、SHM-CD版は @TOWER では取扱い終了(=廃盤扱い)となっている。

1. Comin' atcha live
2. Heaven's trail (no way out)
3. The way it is
4. We can work it out (cover of THE BEATLES)
5. Signs (cover of FIVE MAN ELECTRICAL BAND)
 
6. Gettin' better
7. Before my eyes
8. Paradise
9. Lodi (cover of CREEDENCE CLEAR WATER REVIVAL)
 
10. Mother's little helper (cover of ROLLING STONES)
11. Modern day cowboy
12. Love song
13. Tommy's down home
14. Down fo' boogie

 ハードロック系バンドのアコースティックライヴがまだ珍しかった頃の作品だが、実質 TESLA は、このアルバムで評価と知名度を一気に押し上げ、出世した。 それだけの技術と実力があったという事が、意外な形で証明された という事である。
 13.では、作詞作曲者の トミー・スキーオ(Tommy Skeoch, G)(デイヴ・ルード の前任者) がリードヴォーカルを取っている。 上で紹介したライヴアルバムとかぶっている曲は、ライヴで外せない名曲だからこそ。 そういう所に、TESLA の「ブルースを基調としたHRバンド」としてのアイデンティティと良さ がある。
 89点。 ・・・・・・結構上乗せしての評価だと自覚しているが、とにかくこのアルバムを気に入ってしまっていることも自覚しているので。
 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハードロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。