スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MotoGP 第15戦・日本戦(in 北関東)

 F1の日本戦に先駆けて、日本の栃木県・「ツインリンクもてぎ」でバイクレースの最高峰・MotoGrand Prix 日本戦が開催された。

 「ツインリンクもてぎ」の特徴は、全長4801m・コース幅15m、最長ストレートが762m(しかも高低差が30mもある)で左コーナー数6、右コーナー数8 というもの。 走行周回数は24回。

 当然というか、BGMはHM~メロディック・スピード・メタルのスタイルのインストもの。ここ最近のF1でのBGMよりもずっと自分好み ・・・いや、メタラー向けの鋭さ抜群の曲だった。

 前の記事で一部のレーサーが日本に来ないとかいう騒動があったけど・・・ 
なんのかんの言いながら、結局この2人は日本に足を運んでくれた。 ・・・どんないきさつがあったのかは実はよく知らないのだが(←おい)。
 とにかく、そんなこんなで、実は自分がバイクレースを観るのは、これが本当に初めて。

 前述の ホルヘ・ロレンソ(J.Lorenzo, スペイン) は、2010年のチャンピオン。 ケイシー・ストーナー(C.Stoner, オーストラリア) は、今期14戦のうち8勝(トップに8回就いている)し、また表彰台に上がった回数が実に13回に及ぶ注目レーサー。
 他にも、これまでに9回の年間優勝経験を誇る バレンティーノ・ロッシ などという強豪もいる。

 参戦する日本人レーサーの 青山博一(ひろし) は、2009年に250㏄バイクレースの世界チャンピオンに輝いた、世界的な注目人物。今年度のグランプリでは、第2戦のスペイン大会で自己最高の4位を記録している。
 他にも日本人レーサー2人がスポット参戦しており、特に 伊藤真一は、御年44歳ながら宮城県出身(宮城在住で、実際伊藤さん自身も被災した)であり、日本人・特に東北のみんなに(自分が完走することで)勇気を与えたいとの希望から出走するので、気合が物凄く入っている。
 
 選手のポイントランキングは、ストーナー が284ポイント とトップで、続いて ロレンソ が240ポイント、(以下略)また、青山は87ポイントと現時点で10位の状態。  


 青山は予選の結果を受けて、11番グリッドからの出走となる。

 第1周目でいきなり、「皇帝」と称される ロッシ(46番ゼッケン) が、出走まもなく転倒するというアクシデントが発生。 ロッシ は、そのままレースを諦めた。
 また、第2周目で バルベラ(8番ゼッケン) が転倒し、ぐったりした様子で担架で運ばれていった。
 第3周目、クラッチロー が一時コースアウトして大きく順位を落とす。
 その後、審議の末に ドヴィチオーゾ(Dovicioso, 日本語表記はなぜか ドビツィオーゾ だった・・・???) 、クラッチロー 、マルコ・シモンチェリ(Simoncieri) の3人が“ジャンプスタート”による、“ライド・スルー”のペナルティを科せられるという決定に。

(“ジャンプスタート”とは、フライングに近いが厳密にはそれとも違い、「レッド・シグナル」点灯時にレーサーが体を動かすという反則の事。この時、レーサーは体を少しでも動かすことが認められないらしい。 また、“ライド・スルー”というペナルティはF1でいう「ドライヴスルー・ペナルティ」と同様のもの)

 第4周目、ストーナー が一時コースアウト。
 第11周目、ニック・ヘイデン(59番ゼッケン) がコースアウト。 また、ストーナー が3位争いをしていた相手・バウティスタ を抜き、続く12周目ではロレンソと2位争いを始めた。
 第14周目、優勝圏内にいる バウティスタ(4位) が転倒し、そのままリタイア。
 第17周目、青山と6位を争っていた エリアス が5コーナーで転倒し、青山が順位を上げた。
 第21周目以降、ファイナルラップの24周まで、ドヴィチオーゾ と シモンチェリ の、イタリア人レーサー同士による4位争いが展開されていた。

 
 結果は、D.ペドロサ がトップとなった。 続いて、ロレンソ - ストーナー - シモンチェリ - ドヴィチオーゾ (以下略) の順位。 青山は9位、秋吉(伊藤と共にスポット参戦していた日本人レーサー)は12位、伊藤は13位 だった。


 その後、MotoGP 以外にも、Moto2 や 250㏄ 、125㏄ のレース概要と結果も紹介されていた。
 
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

 今更だけど、この先もうちょっと、これを観ていこうかな、そして今回のようにもう一度レース観戦記を書いてみようかな,と思い始めた。
 青山選手は十分、ポスト“F1の可夢偉”ともいえる とも思うし、伊藤選手にもできればまた活躍の場が出てくれば ・・・とも思っているので。
スポンサーサイト

テーマ : MotoGP
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。