スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Polish De-Captated Metallic Dramatisms (DECAPITATED -two) (※ 編集)

つい先ほど、メールチェックをしていたら、半年と少しほど前の DECAPITATED アルバム「Carnival is forever」からの曲動画がNUCLEAR BLASTより、公的に配信されていた,との情報があったので、貼り付けて新たにアップデートしておく。 (KREATOR とかのニューアルバムからの新曲も案内されてた)



 ポーランド出身の人気デスメタルバンドの一つ、DECAPITATED は、2007年のツアー中の事故によって、リーダーである ヴォッグ(Vogg, G) の実弟である ヴィテック(Witeck, Dr) が死亡、また ヴォーカルの コヴァン(Covan) が昏睡状態となるという事態に見舞われ、バンド消滅の危機に立たされた。
しかし、そんなバンド崩壊の危機を乗り越えて、中心メンバーの ヴォッグ が VADER 参加を経る事で、他のメンバーを招聘してバンドをよみがえらせるのだった・・・・・・

 そんなインタヴュー記事(BURRN!2011年8月号)を読んで、前作「Organic halcinosis」と最近出たばかりのニューアルバム「Carnival is forever」を同時に注文した わけであり・・・


DECAPITATED 「Organic halcinosis」 (2005年)
 輸入盤につき、オビなし。

1. A poem about an old prison man  
2. Day 69
3. Revelation of existence (the trip)
4. Post(?)organic   
5. Visual delusion
6. Flash-B(l)ack
7. Invisible control

 “あくまでもデスメタル”という所をひたすらに守っている という感の強い、オールドスクール・デス を程良くドラマティック且つブルータルにした というような、愚直で粗野な良質デスメタル。 飽く迄も、「メロディック」とかいうような修飾語句を付ける必要は全く無い。
 そういうわけなので、これ以上の言葉による説明のしようがない。 ただ、そこそこにフックや展開が導入されていて、結構スリリング。尤も一部のプログレ愛好家にはそこが逆に不満要素になってしまうかも・・・
 83点。 個人的には、もう少し・あと一曲分くらいは詰め込んでほしい という気持ちが残ってしまった。 B誌では、小澤が88点を付けていた。


 
「Carnival is forever」 (2011年)
 上と共にオビなし。 輸入盤の方を選んだので、当然。
 メンバーは、ヴォッグ以下、クリム(Krimh, Dr) 、ハインリッヒ(Heinrich, B) 、ラスタ(Rasta, Vo) 。

 ↑ 新アルバムの宣伝コーナー
 ヴォッグ によると、「典型的なデスメタルから多少なりとも離れる事を恐れていない」「これが DECAPITATED のベスト・アルバムだとは考えていない」らしい。 しかし・・・・・・

1. The Knife
2. United
3. Carnival is forever
4. Homo sum
 
5. 404
 
6. A view from a hole
7. Pest
 
8. Silence

[ Bonus DVD ]
studio report 2011

・・・・正直言ってこれは・・・ 
 「竜頭蛇尾」というのがまさに相応しい内容で、オープニングトラックからはガツンガツンと攻めたてる、“正にデスメタルそのもの”といえる重戦車リフが耳を刺激してくるのだが、その後、中盤以降からはずっと ヴォッグ によるセラピーのような、内省的で冗長な、激しさを欠く曲調になっていく。 VADER とは違うベクトルでのドラマティックな演出が聴かれる。
 確かに、ヴォッグ にとってセラピーは必要だろうが・・・ インストの 8.はダークではあるが、このアルバム全体としては既に、「エクストリームとは言えない」ことを印象付けてしまっている・・・。 グルーヴ感とアトモスフェリックな要素が強いのは「ある意味、しょうがない」のだが。
 82点。元々多彩な楽曲というのは好きなので。 B誌では前田さんが84点を付けていた。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : Death Metal
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。