スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還暦過ぎてもロックし続ける事を決意し直した、ドイツの蠍団

 SCORPIONS が、メンバーの高齢化、そしてそれに伴う体力低下やパフォーマンスの低下を理由に、一度は活動停止を宣言していた のだが・・・
 ワールド・ツアーの最中にプレスやファンから解散撤回の要望を受け続け、ついに活動継続を発表した。それが2013年の事である。
 そして、遂に、2015年3月にスタジオアルバムが発表された。   購入記事


SCORPIONS 「Return to forever」 (2015年)
 「祝杯の蠍団」という邦題が付いている。 デジパック& Blu-spec CDの特別編集盤で購入した。
オビ:「結成50周年を記念し蠍団帰還! いまだ冷めやらぬ初期衝動が充満した感動のオリジナル・アルバム!」
 リーダーの ルドルフ・シェンカー がこの名前でバンドを始動させたのが1965年、との事。改めて、歴史の長さを感じる。

1. Going out with a bang
2. We built this house
 
3. Rock my car
4. House of cards
5. All for one
6. Rock'n'roll band
7. Catch your luck and play
8. Rollin' home
9. Hard rockin' the place
10. Eye of the storm
11. The scratch
12. Gypsy life
( Bonus tracks-deluxe version )
13. The world we used to know
14. Dancing with the moonlight
 
15. When the truth is a lie
16. Who we are
( Bonus tracks for Japan )
17. Oene and one is three
18. Crazy ride

 全体を通して、「普遍的なハードロック作品」という印象を持った。可もなく不可もなく、というわけでは当然なく、良い曲が揃ってはいるのだが・・・
 何というか、インパクトに欠ける。 尤も、それをいうならば「SCORPIONS 活動継続宣言」自体が相当なインパクトなのだが。
 点数は、84点

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。