スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人アメフトの優勝決定戦(12/15開催)

 12/15夕方にBSで放送された、「X(エックス) ボウル」の様子を。

 社会人アメリカンフットボールの優勝チームを決める Xボウル は、富士通フロンティアーズ と IBMビッグブルー による戦いとなり、東京ドームで行われた。

 フロンティアーズのキックオフで試合は始まる。
第1クォーター(Q)開始からわずか1分29秒、フロンティアーズの三木(14番)が敵チームのパスボールをインターセプト、そのままタッチダウン(TD)ランを決めた。トライ・フォー・ポイントのキックも決まり、先ずは7点を獲得する。
 3分37秒、ビッグブルーの選手がフォルススタートの罰則を取られて5ydsの罰退となり、3rd&11(3度目の攻撃、新たな攻撃権獲得まで11ヤード要前進) と陣地を後退させる。次の攻撃時で4th&5となったあと、ギャンブルに出てパント、ボールをしっかりとキャッチして大きく陣地を回復させることに成功した。
 6分54秒、フロンティアーズの西村(11番)がフィールドゴールを決めて 10 - 0 とする。
 7分24秒、フロンティアーズの ジーノ・ゴードン(29番) が敵陣右端・コーナーぎりぎりにTDを決める。キックはIBMのブルックス(34番)の手で止められ、16 - 0 となる。
 14分39秒、フロンティアーズの4度目の攻撃の際にチームはパントを選択する。ボールは敵陣のエンドゾーンを大きく超え、攻守交代の後にIBM陣地の20mラインからビッグブルーが攻撃を開始。そうして、第1Qは終了した。

第2Qが始まって間もなく、ビッグブルーの小川(17番)が、怪我で一時的に退場する。小川はNFLヨーロッパでプレイした経験を有する選手で、コーチも兼任している。小川は2分ほどで試合に戻った。
 2分55秒、ビッグブルーが敵陣エンドゾーンまであと4ydsまで迫った所で、フロンティアーズがタイムアウト(TO)を取る。
 時計が動き出した後、その小川がパスをキャッチしてTD。キックも入って、16 - 7 とする。
 6分16秒、フロンティアーズの選手(恐らく、画面から成田(25番)と思われる)の怪我により、一時的にレフリーTO。また、この際のプレーでビッグブルー藤井(31番)がフロンティアーズのパスのインターセプトを決めて、攻守交代となる。
 7分50秒、ビッグブルーのパスボールをフロンティアーズ40番がインターセプトし、そのまま反撃に転じ、ランで陣地を大幅に回復した。
 9分52秒、フロンティアーズのゴードンが敵陣エンドゾーンまであと3ydsという所まで攻め込む。 IBMはタイムアウトを執るが、2Q丁度10分という所でTDが決まり、キックも入って 23 - 7 となる。
 12分48秒、ビッグブルーがチームTOを取る。
 13分48秒、ビッグブルーのフィールドゴールを、フロンティアーズの安井(91番)が阻止した。
 第2Qも残りあと1秒という所で時計が止まった(フロンティアーズ)で、フロンティアーズがチームTOを取る。そのままフロンティアーズの選手たちは特に何らかの動きをすることもなく、2Qを終わらせる。

第3Qが始まって1分48秒、レフリーTOが掛けられる。ボールに不具合があったらしく、ボールを交換して試合が再開。
 3分5秒、フロンティアーズの吉本(22番)が、キャッチした後に敵陣エンドゾーン目掛けて走り、コーナーを駆け抜けていった。アウトサイドに駆け抜けていく形となり、TD判定にはならなかった。ここでビッグブルーがチームTOを取るも、フロンティアーズのゴードンがTDを決め、キックも決まって 30 - 7 となる。
 3分12秒、ビッグブルーの栗原(81番)の負傷により、レフリーTO。
 7分52秒、フロンティアーズの藤田(7番)のパーソナルファウル(選手個人のプレーによる反則) ・レイトヒット(プレー終了後の選手にタックルする事) があり、15ydsの罰退となる。
 8分40秒、ビッグブルーがチームTOを取る。次のプレー開始後、フロンティアーズの三木(14番)が、ビッグブルー・過ぎた(32番)に投げられたボールをインターセプトして攻守交代、フロンティアーズが流れを掴んだまま攻撃を開始する。
 10分30秒、ビッグブルーのクラフト(3番,QB)がパスを投げた後にサックを喰らい、怪我で一時退場。
 12分48秒、フロンティアーズのフリン(47番)が、今試合で3度目のサックを、試合に出て来たばかりの多川(4番)に浴びせた。
 4th&21、また、敵陣エンドゾーンまで35yds となった所で、ビッグブルーはフィールドゴールを選択。小田倉(8番)のキックが決まり、ビッグブルーは10点目を入れ、点差を20にする。

第4Qは、フロンティアーズの2nd&11から開始。
 2分48秒、フロンティアーズの小林(72番)がホールディングの反則、チームは10yds罰退となる。
 3分21秒、ビッグブルー選手のオフサイドによりビッグブルーが5yds罰退、並びにフロンティアーズが攻撃権を更新する。
 4分9秒、フロンティアーズの平本(12番)から強(きょう) (1番)へのTDパスが通り、キックも決まってフロンティアーズは 37 - 10 と差を大きく広げる。このあと、ビッグブルーのクラフトがフィールドに復帰する。
 6分20秒、クラフトがQBランによって18ydsを獲得するも、その後フィールドの外に出て行き、QBのポジションは再び多川となる。
 10分32秒、ゴードンが今試合4つ目のTDを決め、フロンティアーズが 44 - 10 と更に突き放す。
 10分56秒、ビッグブルーの小林(84番)がロングパスをキャッチする好プレー。
 11分50秒、ビッグブルーの多川がQBランによって1stダウンを更新。
 残り時間が33秒となった所(2nd&1)でビッグブルーはチームTOを取った。
 残り16秒の局面で、ビッグブルーが ディレイ・オヴ・ゲーム の反則を取られ、5yds罰退する。その後、審判による「ルールの確認」が入り、試合が再開。
 残12秒でビッグブルーのTDパスはインコンプリートとなる。またこの時、フロンティアーズの安井(91番)が負傷、レフリーTO。安井はそのまま退場した。
 そのまま時間が使われ、試合終了となり、富士通フロンティアーズが念願の初優勝を果たした。


 12/14に行われた大学アメフト優勝決定戦、「甲子園ボウル」の様子は、録り逃していたので、21日深夜に録画放送される内容を観てから記事にする。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アメフト
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。