スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでも孤高に、我が道を突き進み劇的音楽を創造する者達 - OPETH「pale communion」

 スウェーデンが世界に誇る、極めて高い独自性を持つメタルバンド OPETH の最新アルバム「Pale communion」を。   購入記事


OPETH 「Pale communion」 (2014年)
オビ:「深遠なるその独自の音楽性を徹底的に追求し続ける彼らが辿り着いた至宝の音世界・・・ 一粒一粒の音を緻密に織り込みながら構築された、彼等にしか成しえない世界観を持つ、スウェーデンが誇る孤高の音楽集団:オーペスが綴る通算11枚目となる最新作。 凛とした静謐さの中に秘められた情熱が、聴く者の胸を熱くする・・・

1. Eternal rains will come
 
2. Cusp of eternity
 
3. Moon above, sun below
4. Elysian woes
 
5. Goblin
6. River
 
7. Voice of treason
 
8. Faith in others
 
( Bonus tracks for Japan )
9. Atonement (live)
10. Demon of the fall (live)

 公式の物が大盤振る舞いで公開されている・・・ こんなに公開して良いのか? と思ってしまうのだが・・・ 視聴する事で金がOPETHに対し支払われるようなシステムになっていればいいのだが。(あくまでも、視聴者は無料で曲の大半を聴ける)
 プログレッシヴ・メタル というより、プログレッシヴ・ロック と言った方が適切でないか、と思ってしまうほど、ライトでポップな要素が強い。アコースティックで冷たいドラマティックな雰囲気は残っている。
 また、’60 ~’70年のプログレの要素もかなり強いように感じた。聴き手の心に染み入るような芸術性は、勿論貫き通されていると感じた。
 点数は、84点。 B誌では、伊藤さんが94点を付けていた。
 バンド・リーダーである ミカエル・オーカーフェルト が「こういう音楽を創りたい」と思い、徹底的に作り込んで納得の末に完成させた物なので、文句を言うつもりはない。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : プログレッシヴロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。