スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ・ナイル川流域の文明を読み解いて行く・・・ - NILE's 2 Albums

 NILE の、バンドの立ち位置を表明した意味でも重要な作品である5枚目「Ithyphallic」と、同じメンバーで制作された6枚目の「Those whom the gods detest」を、紹介しておく。
購入記事


NILE 「Those whom the gods detest」 (2010年)
 「神に嫌われし者たち」という邦題が付いている。
オビ:「超過激! エジプト風サウンド・エフェクトを織り込んだブルータル・バンド、NILE(ナイル)。6thアルバム登場!
 バンドのブレインである カール・サンダース(Karl Sanders, G/Vo) と、ダラス・トーラー・ウェイド(Dallas Toler-Wade, G/Vo, Bass) 、ジョージ・コリアス(George Kollias, Dr/Perc.) というトリオ編成に落ち着いてから2作目のスタジオアルバム。

1. Kafir
2. Hittite dung incantation
3. Utterances of the crawling dead   
4. Those whom the gods detest   
5. 4th Arra of Dagon
6. Permitting the noble dead to descend to the underworld
7. Yezd desert ghul ritual in the abandoned towers of silence
8. Kem khefa khesef
9. The eye of Ra
10. Iskander dhul Kharnon
[ Bonus tracks for Japan ]
11. Hittite dung incantation (inst.)
12. Permitting the noble dead to descend to the underworld (inst.)

 7.は、いかにも呪術的な雰囲気のあるエジプト音楽の旋律を用いたインストで、8.の導入部。また、7.と 8.それぞれの邦題は「ヤズド砂漠のグールの儀式、廃墟と化した沈黙の塔にて」「大蛇レレクを追い払う呪文」となっている。
 上記2曲以外・全曲にも邦題が付いているのだが、割愛しておく。
 点数は、89点。 B誌では小澤さんが88点を付けていた。


「Ithyphallic」 (2007年)
 輸入盤で購入したため、オビなし。

1. What can be safely written
2. As he creates so he destroys
3. Ithyphallic
4. Papyrus containing the spell to preserve its possessor against attacks from he who is in the water
 
5. Eat of the dead
6. Laying fire upon Apep
7. The essential salts
8. The infinity of stone    9. The language of the shadows
10. Even the gods must die
(Limited digipak edition bonus tracks)
11. As he creates so he destroys (inst.)
12. Papyrus containing the spell to preserve its possessor against attacks from he who is in the water (inst.)

 8.はインストの小曲。
 点数は、84点。 B誌では土屋さんが82点を付けていた。


 2作共に、しっかりと作り込まれたコンセプチュアル且つドラマティックな内容。だからこそ、寧ろボーナストラックを入れるのはアルバムの完成度を下げるのでは,と思うのだが、そんな懸念を払拭できる無難な選択をしているという点も、極めてクールである。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。