スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極東の剣、華麗に舞い上がる・・・ - SWORD OF THE FAR EAST

 「The street rock violin」を標榜するインストゥルメンタル・ロックバンド、SWORD OF THE FAR EAST は、ヴァイオリン奏者の AYASA をバンドの“顔”として全面的に打ち出している。
 初めてこのバンドの情報を見たときは「JETHRO TULL とかを意識してるのかな」と思い、音を聴いた時は「BRAZEN ABBOT とかの、ヴァイオリンサウンドを取りこんだメロディック・ハードロック・バンド」というイメージを持った。
 そして、どうしても欲しくなってしまい、手を出してしまった・・・   購入記事


SWORD OF THE FAR EAST 「Sword of the far east」 (2014年)
 オビの言葉、なし。
 バンドメンバーは、作曲の殆どを手掛け、プロデュースも務める D・A・I なる人物(G)や鈴木タケオ、河村“カースケ”智康(ともにDr)達 だが・・・ 固定メンバーがどうなっているのかよく判らん。

1. Break of dawn
2. Sword of the far east
3. The charming town
4. ヨハネ黙示録第16楽章
 
5. Gypsy girl
6. Ryukyu song
7. 戦場の花
8. Into the rainbow
9. 夏祭りの記憶
10. 希望の命 - Life of desire -

 これまでに、ヴァイオリンを取りこんだロックバンドは外国になら KANSAS とか、大きくジャンルは異なるが AT THE GATES(初期) 、ELUVEITIE などがあった(ある)。勿論、先述の BLAZEN ABOTT にしてもそうだが、それらは歌詞(歌い手)が存在していた。
 が、SOTFE(SWORD OF THE FAR EAST) は、そんな要素を軽く飛び越えて新たな次元の音楽を創り出そうとしている と、個人的に思えた。ヴァイオリンがここで担当しているのは、ヴォーカル・パート並びにギター(或いはキーボード)ソロ・パートである。ギターやキーボードは、あくまでもバッキングに徹するか申し訳程度に耳を引くフレーズを奏でる程度にとどまり、前面に出て来るイメージが無い。
 点数は、80点。 自分としては、メロパワ系に多い多楽器によるソロバトルがあっても良いと思った。


「Girls' session」 (2014年)
 渋谷の「club asia」で行われたバンド・ライヴDVD。タイトル通り、参加しているメンバーは全員が女性 ・・・というわけではなく、ステージ脇で出来るだけ目立たないようにギターを演奏している男がいる。

1. The charming town
2. ヨハネ黙示録第16楽章
3. The maid of Orleans
4. ハスラー
5. 青い鳥
6. ゴリアテ戦記
7. 古い水夫の記憶
8. 迎撃セヨ
 
9. Ryukyu song
10. 東方見聞録
11. 向日葵
12. Gypsy girl

 ↓ ダイジェスト版映像


 点数は、79点


 メロディラインを聴いていると、様々な偉大な先達のバンドの「パクリ」とか「寄せ集め」とか思わず言いたくなってしまった。しかし、それ以前の問題として、国内に、ヴァイオリンをフィーチュアしたメロディック・ロックバンドが存在する という事はとても素晴らしい事だと思った。ポップスの路線を取らず、BRAZEN ABBOT のカヴァーなどに取り組む姿勢を持つスタンスを執っていてくれれば、個人的にありがたいのだが・・・

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : Japanese Rock
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。