スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バチバチと熱かった、ニチアサ(ある意味正しい?) ・・・というか、午後-夕方の、アニメ じゃねえ。

 今場所の相撲の内容を、まとめてきたい。

 新横綱の鶴竜は、12日目までの時点で3敗を喫しており、13日目の日馬富士、14日目の白鵬を相手に敗れて5敗となった。千秋楽で12勝2敗の稀勢の里とぶつかって負けを喫し、横綱にして2桁勝利ならず という結果に終わった。
 白鵬が14勝1敗で優勝を収める。唯一の黒星は、11日目の豪栄道戦である。

 十両では、11勝3敗の琴勇輝が千秋楽で鏡桜に敗れて互いに11勝4敗となり、千秋楽で4敗を守って11勝とした青狼と逸ノ城(モンゴル出身の若手でスピード出世力士,まだ髷を結えていない)の4人で優勝決定戦が行われ、逸ノ城が制した。
 幕下優勝は 栃ノ心。
 三段目は、霧嵐が優勝決定戦の末に大翔岩を下して優勝を決めた。
 序二段優勝は 安彦(あびこ,日本人)。
 序ノ口優勝は 正代(しょうだい,日本人)。


 三賞に付いてだが、「技能賞の該当なし」というのは、かなり長い間続いているイメージがある。この賞は、真っ向勝負をするタイプの力士には無縁なのだが・・・ 珍しい決まり手で勝ちを収める力士があまり居ない事の裏付け,という事だろうか?
 また、豪栄道が、8勝7敗という成績ながら、辛うじて殊勲賞を挙げていた。
佐田の海が、佐田の富士(父親)に続いて、史上8組目の親子幕内を果たしていたのだが、また、「初入幕にして三賞受賞」を果たしていた。「親子続いての、初入幕にして三賞受賞」というのは、角界初めての事らしい。


 「敢闘精神あふれる力士」として、十両では、里山と若の里という古豪の2人と、新鋭の逸ノ城(モンゴル出身) という3人の名前がよく目を惹いたと思う。幕内では、既に中堅位置に定着した感のある(私見)豪栄道、勢、豊真将、照ノ富士、嘉風、あと、若手の遠藤、松鳳山、大砂嵐 らの名前がよく上がっていた,と思う。
 
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。