スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探索し、破壊し、構築するポーランドのプログレ・バンドの3作品

 1970年代半ばから活動を開始したポーランドのプログレ・バンド、SBB の2枚目アルバム以降の作品が2014年4月に、一気にリマスター、SHM-CD&紙ジャケ仕様で再発された。 これまで一度も耳にした事はなかったのだが、何となく気が惹かれたので、一気に3点(2~4枚目を)購入してしまった。   購入記事

 元は SILESIAN BLUES BAND と名乗っていたのが、SBB にバンド名を縮め、そしてその意味を、ポーランド語で 探索・破壊・構築 を意味する Szukaj, Burz, Buduj へと改めている。(ライナーノーツの情報より)
 ヨゼフ・スクシェク(Józef Skrzek, Vo/B/Keys) 、イェジ・ ピオトロフスキ(Jerzy Piotrowski, Dr) 、アンティモス・アポストリス(Antymos Apostolis, Gs) の3人によるトリオ編成のバンドである。

SBB 「Nowy horyzont」 (1975年初盤)
 邦題は、「新地平線」。
オビ:「NIEMENのバックバンドとしても知られるポーランドのプログレッシヴ・ロック・バンド SBB、’75年発表のセカンド・アルバム。ギター、ドラム、ベースを兼用するキーボードという変則トリオ編成。マハヴィシュヌ・オーケストラからの影響を感じるジャズ・ロック・テイストとプログレッシヴ・ロックを融合したサウンドは独特。東欧らしいミステリアスさも加味したオール・インストゥルメンタル・アルバム。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定盤的内容!」

1. Na pierwszy ogień (開幕劇)   
2. Błysk (稲光)   
3. Nowy horyzont (新地平線)
4. Ballada o pięciu głodnych (5人のハラペコ男のバラード)
5. Wolność z nami (我々に自由を)

 点数は、79点


「Pamięć」 (1976年初盤)
 邦題は、「記憶」。
オビ:「NIEMENのバックバンドとしても知られるポーランドの重鎮プログレッシヴ・ロック・バンドSBB、’76年のサード・アルバム。前作よりリリカルな側面が強調され、3曲の長尺という大作志向のアルバム。確かな技巧に裏打ちされた安定した表現力は流石。紙ジャケット、ボーナス・トラック2曲収録、リマスター、SHM-CDにての決定盤的内容!」

1. W kołysce dłoni twych (Ojcu)  (あなたの腕のゆりかごの中で (父へ) )
   
2. Z których krwi krew moja (私の血と共に)
3. Pamięć w kamień wrasta (石の中の記憶)   
[ 日本用ボーナストラック ]
4. Pamięć w kamień wrasta (石の中の記憶) (1975 verion)
5. W kołysce dłoni twych (あなたの腕のゆりかごの中で) (1977-78 version)

 点数は、81点


「Ze słowem biegnę do ciebie」 (1977年初盤)
 邦題は、「大切な言葉」。
オビ:「NIEMENのバックバンドとしても知られるポーランドの重鎮プログレッシヴ・ロック・バンドSBB、’77年の4作目。20分近くの大作を2曲という構成、技巧は更なる進化をみせ、BRAND X的なアンサンブルに独特の宇宙的表現を加味した作風は感動的。紙ジャケット、ボーナス・トラック1曲収録、リマスター、SHM-CDにての決定盤的内容!」

1. Ze słowem biegnę do ciebie   
2. Przed premierą   
3. Ze słowem biegnę do ciebie (1978 version)

 点数は、76点

 これらを聴いていて、ギル・エヴァンス のアルバム「Svengali」を思い出した。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。