スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Marriage of Near-to-DioSabbath (※ 天国と地獄の和解) - VIRGIN STEELE's Conceptuals

 最近調べて判ったのだが、VIRGIN STEELE の大掛かりなコンセプトアルバム「The marriage of heaven and hell」の「~ Part One」と「~ Part Two」が、6月頃に「~ Ⅰ&Ⅱ」として2枚組で発売されるようだ。更に、その続編とも言うべき内容の「Invictus」も、ボーナスディスク付きで同日に再発される。

 で、ぜひともその前に、10年以上前から持っていた VIRGIN STEELE の件の2枚のアルバムを紹介しておこうと思った。
 共に、いつ頃買ったのか忘れた。 少なくとも、某大型チェーン新古書店で買った事だけは確かだが・・・

 2作とも、ベースは エドワード・プルシーノ(Edward Pursino) が全て弾いている。

VIRGIN STEELE 「The marriage of heaven and hell - Part one」 (1994年)
 こちらの方は輸入盤。
 主に宗教問題、人種問題、戦争を題材にした内容。

1. I will come for you   
2. Weeping of the spirits
3. Blood and gasoline
4. Self crucifixion
5. Last supper
6. Warrior's lament   7. Trail of tears
8. The raven song   
9. Forever will I roam   
10. I wake up screaming
11. House of dust
12. Blood of the saints
13. Life among the ruins   
14. The marriage of heaven and hell

 6.は 7.の序章を担うインスト。
 バラードの 9.も、素晴らしい出来だ。 14.はアルバムのアウトロを担うインスト。
 ソリッド且つドラマティックなメロディック・メタルの曲が詰まっており、バンドのブレインである デイヴィッド・ディフェイ のキーボードが曲中を自由に舞い、プルシーノ のギターと共にドラマを紡いでいく。 点数は、84点


「The marriage of heaven and hell - Part two」 (1995年発表,1996年日本盤) 
 宗教問題や戦争、そして精神と肉体の和解、人間の本質を二分している天国と地獄の和解に及ぶ、広範な領域に亘って取り扱っている。
オビ:「ニューヨークをベースに10年以上の活動を続けるヘヴィ・メタル・グループ、ヴァージン・スティール。 一年振りのニュー・アルバムは前作のコンセプトを引き継ぐ完結編。」

1. Symphony of steele   
2. Crown of glory (unscarred)   
3. From chaos to creation   4. Twilight of the gods
5. Rising unchained
6. Transfiguration
7. Prometheus the fallen one
8. Emalaith   
9. Strawgirl
10. Devil/angel
11. Unholy water
12. Victory is mine
13. The marriage of heaven and hell revisited

 歌詞で扱っている内容はともかく、曲の良さとか素晴らしさとか格好良さとか、そういう要素では、こちらの方が圧倒的に「~ Part One」よりも優れている。
 無茶苦茶格好良いオープニングトラックが聴き手の心を捕え、2.の時点で止めを刺しにかかる。更に、インストの小曲(3.)を挟んでから続く曲も、ずっと聴き手のテンションを下げる事がない。 一度バラード調の 8.で気持ちを沈めたその次の 10.は、アルバム中最もアグレッシヴな曲。その次の2曲ドラマティックに決まった後、余韻を残しながらインストの 13.がアルバムを締め括る。
 点数は、91点。 今回の再発を機に、もっと、このアルバムの知名度が上がって欲しい。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
 「~ Part two」収録の 12.は、はるか昔(ブログ開設初期)に記事で出した事のある「Pure metal samplers」シリーズ「Vol.6」に収録されている。
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。