スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Empire of the Metal in the Star-Space,...  GAMMA RAY's 2 Albums

 GAMMA RAY の最新作「Empire of the undead」と、17年前発表の5thスタジオフルアルバム「Somewhere out in space」を、まとめて紹介しておく。   購入記事


GAMMA RAY 「Empire of the undead」 (2014年)
 バンドリーダーである カイ・ハンセン が、ハードロックサウンドを基調とする UNISONIC に正式加入した為、その差別化(註:経済学用語による表現。要するに、「区別」という事) を図るべく、ヘヴィ・メタルとしての曲と音が追及された内容となるように意識された,との事。
 また、新加入したドラマーの マイケル・エーレ(Michael Ehré) が作曲に貢献している。
オビ:「俺たちにはメタルしかない・・・、メタルしかないんだ!!  ニュー・ラインナップとなり解き放つ渾身の通算11作目は、ジャーマン・メタル・ゴッドとしての威厳溢れる徹頭徹尾「メタル」なアルバム!!」

1. Avalon
2. Hellbent
 
3. Pale rider
4. Born to fly
5. Master of confusion
 
6. Empire of the undead
7. Time for deliverance
8. Demonseed
9. Seven
10. I will return
11. Someday (Japanese bonus track)

 “メタル愛”に名を借りた、有名鉄板フレーズの躊躇なき拝借 というイメージもしてしまうのだが・・・
 王道フレーズを多用している点に於いて、嫌みを感じない清々しさを感じてしまった。自分としては、その点に関してはプラス要素として捉えている。
 更に、たまにあるお遊び的要素の強い 11.(ダンスビートとラップ調のヴォーカル)もあるのだが、やはりこれも人(好み)によって評価は分かれるだろうし・・・
 点数は、84点。 B誌ではクロスレヴューされており、伊藤85 - 土屋87 - 前田86 だった。


「Somewhere out in space」 (1997年)
 前出の「Powerplant」「No world order」と同じく、ほぼ死蔵状態だったものを発見した。 オビ、紛失状態。
 「宇宙や天空をテーマにしたコンセプトアルバム」ではなく、あくまで「それぞれの曲一つ一つが宇宙や天空に関するコンセプトもの」という内容らしい。

1. Beyond the black hole
 
2. Men, martians and machines
3. No stranger (another day in life)
4. Somewhere out in space
5. The guardians of mankind
6. The landing
7. Valley of the kings
8. Pray
9. The winged horse
10. Cosmic chaos
11. Lost in the future
12. Watcher in the sky
13. Rising star
14. Shine on
15. Return to fantasy (Bonus track for Japan)

 10.は、ダニエル・ツィマーマン(Daniel Zimmerman, Dr) 作曲によるドラムのみの曲。 12.は、IRON SAVIOR とは少し違う、カイ・ヴォーカル・メインのヴァージョン(ピート がバックコーラスに入っている)。 また、15.は URIAH HEEP のカヴァー。
 最新作に比べてダイナミズムに富んだドラマティックな内容になっている。そういう意味では、こっちの方が自分の好みである・・・・・・ 何をか況や(爆/以下、文章割愛)
 点数は、89点

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。