スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国産ドラマティック/プログレ・バンド、ALHAMBRA

 国内の、プログレHRバンド・ALHAMBRA のアルバム、「A far cry to you」と「Siegfried」を紹介しておく。   購入記事

 公式サイトでバンドの歴史を見てみたのだが、「GALNERYUS メンバーとしても活躍しているYUHKI(Keys) を中心に Junko(Vo) と Tetsuro(Dr) らと結成されたのが、YUHKI が GALNERYUS に加わったのとほぼ同じ時期(2003年)」だと・・・・・・ この事から、YUHKI を語るときは「ALHAMBRA の」と言う方が、寧ろ正しいだろうな,と思った。


ALHAMBRA 「A far cry to you」 (2013年)
 ベースに HIBIKI 、ギターに Toshihiro を加えた現メンバー(後述の「Siegfried」を収録した布陣)によって、再録されたヴァージョン。
オビ:「伝説の1stアルバムが、完全再レコーディングで甦る! 新ラインナップによる至高の演奏と、水晶の如きサウンド・プロダクションにより珠玉の名曲が今再び! 新曲2曲を追加収録&新装ジャケットでリリース!」

1. Mistiness   2. Lost in a revery ~水晶の雨~
 
3. Missing you
4. Doll’s solitude ~人形の家~
5. Orion
 
6. Your favorite melodies ~藍色のエチュード~
7. Faith
8. God keeper
9. A far cry to you ~明日への約束~
10. Radiance ~星が生まれた日~
11. Aretha

 1.と8.はインスト。 新曲は10.と11.である(11.は HIBIKI 作曲) 。また、殆どのタイトルが曲名をマイナーチェンジする事で、アルバム全体の幻想的なイメージを上げる事に貢献している,と感じた。(例えば、1.は初盤の方では「Prologue」と表記されていただけ)
 また、ARK STORM 等で活躍している 佐々井康雄 さんが 8., 9., 10.のコーラスで参加している。
 個人的に好きなのは、キーボード×ギター×ベースのソロバトルの展開されるフュージョン・セッション気味の 8.である。
 全体的なイメージとして、DEEP PURPLE 直系でもありながら、同時にイングヴェイなどの後進もしっかりと経由してきた ようなサウンドを持ち味にしている、正統派とテクニカル系双方の要素を併せ持っているバンドだと思った。
 点数は、90点。 B誌では、土屋さんが88点を付けていた。


「Siegfried」 (2012年)
オビ:「新たな伝説の幕開け! YUHKI(Key)率いるシーン最高峰のシンフォニック/メロディック・メタル・バンド待望の4THアルバム! 名曲「Die Walküre」の続編である4部構成の壮大な組曲「SIEGFRIED」を含む、かつてない劇的な世界が今ここに・・・」

1. Maze of tragedy  (水晶の雨 Part.Ⅱ)
2. Perfect blue
3. Forever
4. Fleeting circus
5. Dear friend
― SIEGFRIED ―
6. Nothung  (第1章「聖なる神剣」 )
7. Battle in the dark forest  (第2章「深い森の戦い」 )
8. Fate of the gods  (第3章「神々の運命」 )
9. All for the reason  (第4章「ただ愛のために」 )

 上述のアルバムに比べてフュージョン色は当然希薄であり、ネオ・クラシカル/ドラマティック/メロディック/シンフォニックの要素が強く前面に押し出された内容。 しかし、他の楽器に比べてベースが引っ込み気味とならず、リズムだけでなくしっかりとメロディを奏でている。
 「SIEGFRIED組曲」は、かなりオペラ的な構成をしており、世良純子さんの素晴らしくも凄まじいオペラティックな歌唱が響き渡り ・・・いや、佐々井さんも彼女のそれに負けじと見事にオペラティックなヴォーカルワークを披露している。 意外性という意味では、佐々井さんの頑張りというかヴォーカルとしての潜在能力に驚かされた。
 点数は、92点。 B誌では、土屋さんが86点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジャパメタ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。