スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビー・ウィークリー 「ワイルドな奴」シリーズ(3/17 & 3/24, 2014)

 先週、(2014年の)3/17 並びに 3/24 に放送された「ラグビー・ウィークリー」は、共に「ワイルドな奴ら」シリーズであった。その内容を紹介しておきたい。


まずは、先週(17日)放送分の「ワイルドな奴ら」シリーズを。 ここでは、将来の日本ラグビーを担う「3 wings」の特集として組まれていた。
 最初に紹介されたのは、藤田慶和(2013年4/8放送)。 東福岡高校の中でも特に目立った有能な選手だったが、怪我で一年ほどラグビーが出来ずにリハビリを続けていた。そんな彼は、「あなたにとってラグビーとは何か」と訊かれて、「“楽しみ”です。」と答えていた。
 次に紹介されたのは、福岡堅樹(5/13放送)。 彼は、「あなたにとってラグビーとは何か」と訊かれて「ずっと続けていて、今では生活の一部になっていて、人生の喜びとなっているもの」と答えていた。
 最後に紹介された山田章仁(5/6放送)は、新たなる学びの場としてアメリカンフットボールにも取り組み始めている、少し風変わりな選手。「あなたにとってラグビーとは何か」には「チャンスが沢山ある場所(人と出会える事なども含めて、総合的に)」と答えていた。

続いて、3/24放送の「2015年、2019年のワールドカップではレギュラー/注目選手となっているだろう若手トリオ」特集。
 初めに紹介されたのは、松田力也(2013年4/15放送)。 ニュージーランド遠征の際、伏見工業高校の先輩である田中史朗と再会、談笑していた。「あなたにとってラグビーとは何か」には、「人生そのもの。生きがいです。」と答えていた。
 次に紹介されたのは、196cmという長身を誇る、宇佐美和彦(12/16放送)。愛媛県出身の彼は中学を卒業するまで野球をやっていた。高校入学の時点で188cmあり、目立っていた彼は高校のラグビー部監督から熱烈な誘いを受け、入部を了承した。そんな彼の才能が花開くのは大学からである。「あなたにとってラグビーとは何か」には、誘ってくれた監督から「お前は日本代表になれる」と言われたことから、「転機」と答えていた。
 最後に紹介されたのは、梶村裕介(12/23放送)。現役高校生ながら日本代表へと選出された彼は、「あなたにとってラグビーとは何か」に対して「あって当然の、なくてはならない、大切なもの」と答えていた。 TBS/MBS系列の高校ラグビー全国大会でもピックアップして取り上げられた時に目にしたシーンがいくつかあった・・・

にほんブログ村 その他スポーツブログへ    にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村     にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ラグビー全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。