スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅霊化守之弐和肆盤 - MELECHESH 「the epigenesis」&「sphynx」

  イスラエル出身のドゥーム/デス/ブラック・メタルバンド、MELECHESH のアルバム2つを紹介する。   購入記事
 バンドは、日本では「エルサレム(Jerusalem)出身」とされているが、国際的には出身国/地域は「Jerusalem/Netherlands」と表記されることが多い。

 バンド名は古ヘブライ語で「神」を意味する「melech」と「火」を意味する「esh」を合わせた造語で、発音は「meleⅹe∫」である(日本語では「メレケシュ」「メレヘシュ」のいずれも可)。


MELECHESH 「The epigenesis」 (2010年)
 最新作である4thアルバム。バンドリーダーである アシュメディ が単独でプロデュースを行っている。
 バンドメンバーの表記は、
The MELECHESH Mystics are:
Ashmedi - Vocals, 6 & 12 strings Guitars
Moloch - 6 & 12 strings Guitars
Rahm - Bass
Xul - Drums

 となっている。 正直、Xul がどのように発音して良いものか、よく判らないのだが・・・

1. Ghouls of nineveh
2. Grand gathas of Baal sin
 
3. Sacred geometry
4. The magickan and the drones
5. Mystics of the pillar
6. When halos of candles collide
7. Defeating the giants
8. Illumination: the face of Shamash
9. Negative theology
10. A greater chain of being
11. The epigenesis

 6.と 10.はインスト。 11.は、実に12分に及ぶが・・・ ゆったりしたミッドテンポでメタルコア的なグルーヴが続き、正直言って、聴いていて大分ダレてくる。
 2.に代表されるような、結構引き締まった、スラッシーでデスメタリックな曲もあるのだが・・・ 大曲を目指そうとしたタイプの長めの曲となると、聴いていてどうしてもテンションが落ちてしまう。
 点数は、82点。 暗黒儀式的な雰囲気が強く出ているのが、初期の THERION にも通じると思った。


「Sphynx」 (2003年)
 2ndアルバム。 (3rdは、在庫の都合で入手できなかった)
 バンドメンバーの表記が、
The Sphynxologists of Melechesh are:
Ashmedi: Rhythm & Lead Guitars, Lead Vocals
Moloch: Rhythm & Lead Guitars
Al'Hazred: Bass, Vocals
Proscriptor: Drums, Vocals

 となっている。

1. Of mercury and mercury
2. Secrets of Sumerian sphynxology
   
3. Annunaki's golden thrones
4. Apkallu counsel
5. Tablets of fate
6. Triangular tattvic fire   
7. The arrival ritual
8. Incendium between mirage and time
9. Purifier of the stars
10. Caranans to Ur

 7.と 10.はインスト。また、10.は本編が4分ほどであり、5分ほどの無音パートの後(10分頃)にアウトロのようなSEが3分半ほど流れてくる。
 ドラマティックでプログレッシヴなデスメタルに積極的に中東圏の民族楽器を導入し、動と静のパートを作り上げていく ・・・という所は解るのだが、冗長に感じる箇所が結構多い。
 “あの”アンディ・ラ・ロック のプロデュースという割には、あまりパリッとしていない音と楽曲の質だな、というのが正直な感想。 点数は、77点

 ちなみに現在では、バンドメンバーは Ashmedi と Scorpios(Bass) の2人だけとなっているらしい。 (Wiki情報による)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。