スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても、METALLICAとの話題がくっ付いてきそうだ - AL NAMROOD(アラブ圏出身なので)

 アラビア語(アラビア文化)圏、サウジアラビアを国籍に持つメタルバンド というのは、非常に少ないと思う。しかも、更にその中でも デス/ブラック といったサブジャンルの音楽は、恐らくいないだろう ・・・というのは、どうやらまやかしのようだった。

 嘗て、「アラブ語圏の諸国はHR/HMになじみがなく、その為アラブ兵士たちに METALLICA などを聴かせるという拷問が効果的」とかなんとかいう、実に間の抜けたアホらしいニュースが流れた時があり、それを受けて METALLICA 側も、「最近のエクストリーム・ミュージックを知っている奴ならば、俺達が BEATLES や SIMON & GARFUNEL 程度に聞こえるのにな。」などという実に気の利いたコメントを出していた 事があったが・・・
 REIGN OF THE ARCHITEST(以前、手を出した事がある) や ORPHANED LAND(こちらは、未入手) などといったバンドがイスラエル近辺から世界に飛び出しているが、この AL-NAMROOD は、それらを軽く凌駕する領域に達している。なんと、メロデス/ブラック・メタルの領域の音楽を演奏しているのである。
 戦争/国際問題関係のジャーナリスト達には、ぜひとも、このバンドのメンバーに対して謝罪してほしいものである! ・・・この言葉を、ネタとしてでなく真面目に受け止める人がいたら、その顔を見てみたい。

   バンド公式サイト   YT上公式サイト   購入記事

 アラビア文化圏の民族楽器と旋律を積極的に取り入れたファストでアグレッシヴな曲が多い。また、共に、アラビア語で歌っているが、その関係からなのかは不明だが、歌詞が一切載っていない。

AL-NAMROOD 「Heen Yadhr Al Gsaq」 (2014年)
 メンバークレジットや参加ミュージシャンの表記は、Humbaba(Vo) 、Mephisto(G/B/Perc.) 、Ostron(Arabian instruments) のみ。

1. Estahalat al harb  (The holy war has began)
2. Heen yadhar al ghsaq  (When murky sky appears)
3. Youm yukram al jaban  (When the coward is praised)
4. Bat al thaar nar muheja  (Veangence abided bonfire)
5. Um al qashaam  (Eagles)
  
6. Subat  (Covering the nucleus of a comet)
  
7. A'aj al safeeh  (Abandonment of ignorant)

 ここで紹介した動画は公式のもの。また、アラビア語とアラビア文字のローマ字表記だけでなく、それぞれの曲名の英訳が付いている(曲名後の括弧内に記載)。
 印象的な始まり方で聴かせてくる 4.など、プログレ・メタルやシンフォニック・メタルから強く影響を受けたと思われる曲作りが良い。ギターのフレーズは、80年代型正統派メタルを始めとする、これまでに出て来たあらゆるメタルの要素全てがトレースされているように思った。ベースやドラムにしても同様で、メロデス/ブラックに多くありがちなフレーズというのは申し分程度にしか聞こえてこなかった印象で、むしろ声と音質以外はデス系から完全に別物といえるかも?
 特に、5.でのギターリフは、正に完全な「ヘヴィ・メタル」のものである。
 点数は、85点
 また、随分と久しぶりに「このアルバムの宣伝文(オビタタキ)を考えてみよう」と思い立ったので、試しにと考えてみた。 ↓
「 「は? メタリカが拷問だって? そりゃそうさ、あんなヌルい音楽なんて興味ないからな!」 - 中東メタル界の第一人者、アル・ナムルード、本格的な聖戦に向けて動き出す。前作よりも更にドラマ性を増した傑作。」
(註:挑発的な言葉と聖戦とを掛けて、作ってみた)


「Kitab al-awthan」 (2012年)
 メンバーは、Mudamer(Vo) 、Mephisto(G/B) 、Ostron(Oriental Keys) で、サポート・ドラマーとして Adel が参加している。

1. Mirath al shar   2. Min trab al jahel
3. Hayat al khlood   
4. Ashab al aika
5. Al qaum, hakem al huroob
6. Kiram al mataia   
7. Ez al mulook
8. Bani la'em   9. Wa ma kan lil sufha' entisar

 このアルバムに収録されている曲は、公式サイトから無料発信されていないので、いずれ消される可能性が高い。
 1.と 9.はインスト。
 全ての曲が、起伏に富んだ、かなり練り込まれた内容である。最新作同様、プログレ/ドラマティック/シンフォニックな要素を十分に持ち合わせている。たまに見る「フォークメタル」というこのバンドの呼び名には違和感を覚える。
 ドラムのフレーズが多彩で、ブラストビートが「ここぞ」という所で出て来る 点で見ても、作曲センスが非常に高い事が伺える(作曲名義はバンド名)。
 点数は、84点
 自分が考えたこの宣伝文:「 「え、メタリカが俺達の耳に馴染んでいないって? 確かに俺達はデス/ブラックメタラーだけど、スラッシュメタルや昔のHMだって好きで聴いてるんだぜ?」 - サウジアラビアから出現した、エクストリーム/デス/ブラック・メタル・アクト、アル・ナムルード、世界へと羽ばたく決定盤。 ドラマティック且つアグレッシヴな3枚目フルアルバム。」

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。