スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ログ・ホライズン」 20&21話

前回の最後で、ダイアウルフから致命傷を受けた大地人のルンデルハウスの肉体は、回復魔法や蘇生術を全く受け付けなかった。
 しかし、その報告を受けたシロエは、リ=ガン との会話の中で得た様々な魂魄理論(スピリット・セオリー)「死亡直後なら、大地人でも蘇生術の施与は可能である(留まっている魄(肉体)に、魂(MPなど精神的要素)が再度定着する)」をベースとして、大地人を確実に蘇生させる方法を考案する。
 エンチャンター(付与術師)の特技の一つ「マナ・チャネリング」でルンデルハウスのMPを回復させ、更に「甦りの香」で3分間だけ死者をゾンビとして復活させ、更にシロエは自らの「筆写師」としてのサブ職業の特性を最大限に活かし、新たな「復活の魔法」を創り出す。
 一時的に(ゾンビとして)復活したルンデルハウスの「冒険者たるもの、死ぬことは当然。死ぬ覚悟ならできている。」という台詞に対し、「お前には、生き抜こうとする覚悟が全然足りない!」とシロエは叱責する。
 高品質なレアアイテム「妖精王の紙」「黒龍王のインク」、そしてLv.90筆写師の技術で書かれた契約書の効果と相俟って、一人の大地人が一人の冒険者へとその存在を造り替えられ、ルンデルハウスは一度大神殿に戻って「冒険者」というサブ職業を得、“復活”する事となる。
 一方、オキュペテーはチョウシの街に接近するも、サファギンの大軍に阻まれて中々着岸できない状態であった。
 また、ザントリーフ地方(千葉県に相当する地域)では、Lv.86以上の召喚術師が召喚可能となる「フェニックス」など、高レヴェル者達によってゴブリン軍が次々と討伐されていった。
 戦いが一時的に落ち着いた後、シロエは呟いた。「冒険者 とは、かつてはプレーヤーの事を指す只の名前だったけど・・・ 今は、“冒険者”という言葉は、まだ見ない暁を探す仲間の事だと思うんだ。」,と。

(21話)ゴブリン軍を退けた1ヶ月ほど後、シロエやクラスティ達はマイハマの城で貴族たちと腹黒い会話や交流会などを兼ねた祝勝パーティーを開いていた。
 結果的にはゴブリン軍をザントリーフ地方に封じ込める形とし、“大地人”と“冒険者”との心の垣根は大分取れてきたようにも思える様子に。
 五十鈴は、東堂尽八(え?)を追い掛けて、それまで所属していた三日月同盟から記録の地平線へと所属ギルドを変更する。
東堂?:「ワッハッハッ!!! 相変わらず俺の女子人気は高いなー!」
新開?:「おい、そこの中堅レヴェルのソーサラー、少し黙れ!」
福富?:「ハハッ、微笑ましい光景だなぁー・・・ おいお前達、もう少し練習に気持ちを入れて行こうぜ?」
小野田?:「わー!?? 何か、別の人達の中に混ざっちゃった! どうしようボクーー!!」
ルンデルハウス?:「今では、僕が五十鈴に夢中になっているんだけどね?」

アイザック?:「なあ寿一、あのお調子者、もうどこかに放っとこうか?」
直継?:「そうだなぁー・・・・・・ 取り敢えず、ゴブリン軍の動きは今止まっているようだから、お前達黒剣騎士団は、ススキノの方に遠征して欲しいんだけど頼めるかな?」
トウヤ?:「すいません! 取り敢えず僕、ルディ兄のアドバイス通り、真波君と一緒に、来年のインターハイで戦って、ルディ兄から“山神”の称号を引き継ごうと思っていますんで!」
 テレ東系の番組は観てない(=観れない)けど,というのはひとまず置いといて。

 関西エリアに相当する「神聖皇国ウェストランデ」のエリアで発生する「スザクモンの祭り」は、「自由都市同盟イースタル」での「ゴブリン王の帰還」同様、定期的に発生するイヴェントである。そして、その祭りが発生した事で、西の方で大きな動きが更に引き起こされているらしい。
 また、[ 死亡 → 蘇生 ]の際に記憶が欠落する,という紛れもない事実は、噂の形で流しておいた。どうやら、そこに付けられたらしい話では「10回死んだ程度では、特に支障はない」らしい。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ログ・ホライズン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。