スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

From Rocks(including Metal), These are So Softly Jazz-arrenged! 「Jazz the rocks」

 トランペッター/サウンド・クリエイターとして活動している 島 裕介 氏によって企画された、往年のロック/HR/HMの有名曲をジャズ風にアレンジしたアルバム「Jazz the rocks ~もう一度ハートに火をつけて~」を、紹介しておく。   購入記事

 まだ年若い新鋭の女性ジャズ・ヴォーカリストたちが、自分がまだ生まれていない頃の曲を歌っている,というのが特徴。


V.A. 「Jazz the rocks ~もう一度ハートに火をつけて~」 (2012年)
オビ:「誰もが知っている60年代~70年代洋楽ロックの超名曲を、女性シンガーがジャズ・カバー 「あの頃」を思い出して、もう一度ハートに火をつけてはいかが?」
 演奏陣は、若手奏者の石井裕太(Ts, Cl) やヴェテランの吉岡大輔(Dr) 達,等と、そちらの方も聴き応えは十分である。

1. Immigrant song    (LED ZEPPELIN)
2. Born to be wild    (STEPPENWOLF)
3. Layla    (Eric Clapton)
4. Heartbreaker    (GRAND FUNK RAILROAD)
5. My genaration    (THE WHO)
6. Light my fire    (THE DOORS)
7. Paranoid    (BLACK SABBATH)
8. White room    (CREAM)
9. Smoke on the water    (DEEP PURPLE)
10. All right now    (FREE)
11. Dream on    (AEROSMITH)
12. Hard luck woman    (KISS)

 ヘイリー・ロレン(Hailie Loren) が 6.を、Ryu Miho が 1., 8., 11.を、そして 陽香 が他の8曲を歌っている。 また、6.に関してはバックで演奏しているメンバーが他の11曲と大きく異なっている。 ( 6.は、アメリカから日本に送られてきたレコーディング音源を使用している)
 スムース・ジャズやアダルト・コンテンポラリーなどのイメージのする、非常に柔和でソフトな(殆ど同じ意味だが、ニュアンスは違う)ヴォーカルと演奏であり、個人的には非常に楽しむ事が出来た。
 点数は、87点

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : Female Jazz Vocal
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。