スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語版が・・・ 何となくグレードダウンしている、フランス語主体官能メタルのアルバム。 - ETHS「Ⅲ」

 フランス語による歌詞を多用する、メタルコア型のメロディックでドゥーミーなサウンドを奏でるバンド、ETHS のアルバム「Ⅲ」が、フランス語版と英語版の2ヴァージョン出ていると知り・・・・・・ その2枚を比較の為に購入してしまった。 こういうタイプの商法に、すぐ引っ掛かってしまう俺って・・・   購入記事


 フレドリック・ノルドストローム(Fredrik Nordström) がプロデュースを手掛けている。

ETHS 「Ⅲ」 (2012年)
 記載されている通りにバンドメンバーを紹介しておく。
Candise : Voix
Staif : Guitare, Claviers/Machines, Voix additionnelle (“Inanis venter”)
Greg : Guitare
Yom : Batterie, Percussions
Damien : Basse
 こういうのを見ると、MANIGANCE(メロパワの最高峰バンド) と似ているように感じてしまう ・・・が、音楽性は全く違うので、念のため。
 なお、グレグは既にバンドを脱退している。 また、キャンディス(Candice Clot) もバンドを離れ、今では Rachel Aspe が新しい女性ヴォーカリストとして加入している。
 また、ゲストヴォーカルとして Naïra Abrahamyan(soprano) , Marle-Hélène Beignet(mezzo-soprano) , Pierre Rodriguez(tenor) , Patrick Alliotte(baryton-bass) が参加している(参加している曲の表記はない)。

1. Voragine
2. Harmaguedon
 
3. Adnaï
 
4. Gravis venter
5. Inanis venter
6. Sidus
7. Proserpina
8. Hercolubus
9. Praedator
10. Anatemnein
(Bonus tracks: Digipack edition)
11. Music
12. 7

 11.は、アメリカ・ポップシーンの マドンナ(Madonna) の曲のカヴァー。 12.は、スウェーデンのソロ・アーティスト、トニー・イェレンコヴィッチ(Tony Jelencovich) と共作した曲で、トニー自身にもヴォーカルとして参加して貰っている。
 点数は、82点


「Ⅲ」(english version) (2012年) 
オビ:「New release by top selling female fronted French ETHS! International edition including 4 songs in English!」

1. Voragine
2. Harmaguedon
3. Adnaï
 
4. Gravis venter
5. Inanis venter
6. Sidus
7. Proserpina
8. Hercolubus
9. Praedator
10. Anatemnein

 英語版の方は、フランス語版から、3点を引いておきたい。 英文のオビタタキで「え!?」と驚き、この2作品を併せて購入(注文)してしまった事を、大反省した。 ・・・英語版になっているのは、1., 3., 4., 10.の曲だけである。

 音楽的には、時には官能的なウィスパー、時には激しいガテラル型のデス声、また時にはポップ・シンガー調の普通の歌い方もこなす、上手い女性ヴォーカルの特性が最大に活かされている「メタルコアよりも若干メタルの方に寄った」内容となっている。
 また、新たに加入した ラシェル も、基礎的な部分の歌唱力がかなり高い。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。