スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Astrological Possessed Mysteries Spoken by Queens - HUNTRESS&CV

 女性ヴォーカルを要する正統派型メタルバンド、HUNTRESSCRYSTAL VIPER 、それぞれの最新アルバムを纏めて紹介しておく。   購入記事


 両方とも、女性ヴォーカルが非常にしっかりしているだけでなく、歌以外でもバンド/曲への貢献が非常に高い事が共通している。
 前者は作詞とパフォーマンス方面が強く( → ジル・ジェイナス(Jill Janus) はオペラ出身)、後者は作詞作曲とギターなど、実質バンド全体のブレインとしての機能が高い( → マルタ・ガブリエル(Marta Gabriel) は、メタルミュージシャンとしての純度が高い) といえる。


HUNTRESS 「Starbound beast」 (2013年6月)
 輸入盤(Digipack版)にて購入。
 Carl Wierzbicky(ドラマー) の名字が、何となくポーランドっぽいな・・・ と、今さらながら気になってしまった。 (前作の記事の時はあまり気にしていなかった)

1. Enter the exosphere   2. Blood sisters
3. I want fuck you to death
4. Destroy your life
5. Starbound beast
6. Zenith
 
7. Oracle
8. Receiver
9. Spectra spectral
10. Alpha tauri
11. Running wild  (JUDAS PRIEST cover)

 クラシックの素養に裏打ちされた安定した歌唱力と、パワーと深みに溢れるダミ声を主体としたヴォーカルワークを持つ ジル の歌唱は、安心して聴くことが出来る。
 3.は、バンドと ジル を気に入った、“あの”レミー・キルミスター が歌詞を提供している ・・・が、歌っているのは ジル 一人である。
 アルバム・アートワークや歌詞、使用している言葉から、宇宙をテーマにしたコンセプトもののような雰囲気がする(曲タイトルは天文学に関する単語が多い)。
 点数は、84点。 B誌では前田さんが84点を付けていた。

 続いて、ポーランドのメタルバンド、クリスタル・ヴァイパー のアルバムを。


CRYSTAL VIPER 「Possession」 (2013年12月)
 こちらの方は、国内盤で購入した。
オビ:「 『よりヘヴィに、よりダークに展開されるドラマティック・ヘヴィ・メタル!』低音域から超ハイトーンまで自在に操り、抜群の歌唱力を誇るメタル・クイーン、マルタ・ガブリエルを擁するポーランド出身のトゥルー・メタラー、堂々の5thアルバム!! 更にマニアック度を増した高い完成度を誇る正統派へヴィ・メタルが我々を虜にする!」
 ゲストヴォーカルとして、Sataniac が 3.で、Harry Conklin が 4.で、Slawomir Kaminski が 9.で参加している。

1. Zeta Reticuli   2. Voices in my head
3. Julia is possessed
 
4. Fight evil with evil
 
5. Mark of the horned one
6. Why can't you listen?
 
7. You will die you will burn
8. We are many
9. Prophet of the end
 
[ Bonus track for Japan ]
10. Thundersteel (RIOT cover)
11. Night prowler (2013)

 「悪魔憑きの少女に本当に憑りついていたのは、実は異星人だった。」という壮絶なオチのストーリーがアルバム全体で語られているのだが・・・ これって、アルバム始めの方から出て来る神父とかエクソシスト(実は邪悪な存在である)とかの存在感が台無しになっているような気がする。
 音楽的には、HUNTRESS と比較して、真っ当な('80年代型の)メタルである。 7.では、聴くたびに毎回「SARGENT FURY の "fish" と、コーラス・パートが酷似しているな~・・・」と思っていた 事以外は、及第点だと思う。
 点数は、86点。 B誌では Kawai さんが80点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。