スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「せかつよ」の後でもしぶとく続いていた、特撮プロレスモノの最終話まで。

 「レオン」は、クレイガー・シンが左遷された24話で実質的な最終回を迎え、25話はダラダラしたアフターストーリーが適当に流される ・・・と思っていたが、25話でも本格的に(?)ストーリーが続き、年を跨いで放送が続き、26話でようやく最終回になるらしい。

 ご当地の、ヒーローだけでなく、その相手役( ← おい)として憎めない怪人軍団がそこそこ出て来る というパターンは24話でも相変わらずで、琉神マブヤーが満を持して登場し、その後を追っかけてきたハブクラーゲンとクーバー1号&2号が、アンパンマンをねらうバイキンマンの如く登場する。
 マブヤーと沖縄仲間の怪人軍団、また、マブヤーとクレイガー・シンとの戦いを観て、タケルはヒーローたちから独特の闘法を学ぼうとする。
 クレイガー・シンの大好物は鍋焼きうどん だという非常に奇妙な設定はさておき、シンの体細胞(DNA情報)から剛藤博士が重大な情報を見出す。
 「戸籍上、剛藤マリという人間は存在しない」事を知らされるタケルは、シンとの再戦の最中、シンから母の情報を語られる。そして、ラ・ドールから「剛堂博士によって作られた、抗エイリアン剤」を打ち込まれたシンとほぼ互角の戦いを続ける(戦いの内容は割愛)。
 蛇拳やヌンチャクなどを操るシンに苦戦しながらも、レオンは「武道の世界に先手無し」と、ヒーローたちの闘法を使い、ついに「カウンターの延髄蹴り」で勝利を収める。ここで、謎がまだ多く残ったまま最終回に続く ・・・と思ったら、実はそんな事はなかったのである。

シンが左遷された後の25話で、ジャード本部から「シンの後釜になる気はないか」と剛藤博士が打診を受ける。その提案を突っ撥ねようとする博士だったが、愛する妻(ジャードの一員らしい?)をネタにゆすられ、迷う。
 中邑真輔が登場し、ヒール・レスラー? ではない、ジャード戦士の3ザコ(ガラッシャー帝国(東北にあるらしい)の、怪人ブラックボス、ミドリ仮面、ワニゲータ)に(如月ジュリアの願いを聞き入れてw)「ヒールの極意」を教えようとする。怪人達のモチーフは、ブラックバス、ミドリガメ、下駄を履いた二足歩行のワニ である。
 中邑のいない間に、いきなり「ゴッドラウザー」なるヒーロー戦士が現れ、3戦士を瞬殺する。ラウザーは、剛藤博士が(マスクを被って)変身した姿だった。
 ラウザーは、悩んだ末に組織アジトを離れて長い休息に興じる。その間に、父親の意図を察したラ・ドールとその弟ファイアーレオンがジャード本部を壊滅に追い込んでいた。
 職を失ったジュリア(爆)。
 そして、ラ・ドールの心配をよそに、タケルは「父さんに、強くなった自分を見せたい」「いつかは父親を超えたいと思っていた」と心境を吐露し、余命わずかな父・剛藤薫も息子の成長を見たがっている発言をしていた。

ついに迎えたファイナル・ラウンドの26話では、山形の「出羽戦士 ガ・サーン」(日頃、月山で修業しているという設定)と、その修行仲間である「きたえびとザオウ」が登場した。
 もとみ の父親は、怪人「ジン・メギョン」だった・・・? というわけではなく、ヒール・レスラー「怪人 ジン・メギョン」を演じる人間が もとみ の父親だ という事。 しかし、人面魚でも魚面人でもなく、頭部がそのまま尾頭付きのコイ科の魚 という姿には、正直驚いた。 しかも、この親子再開の場面で、感動や涙の演出というのは・・・ 正直、キツかった。自分は笑いっぱなしだった。
 宿命の、ファイアーレオン VS ゴッドラウザー の戦いは、変身シーンとリングインシーンがカットされた。どこかのバカレスラーの間抜け発言などを披露しながらラウザーが「カール・ゴッチ = カール・クラウザー が、新日本プロレスにとっての父親的存在である」事をアピールするかの如く主人公を相手に試合を進めていく。
 「ファイアーレオン・メガトンミサイルキック」を頭部に受けたラウザーのマスクが割れ、中から大野哲生さんの顔が出て来る。そして、サヴァイヴフィールドが解除されて荒川河川敷に2人が戻り、父はそのまま絶命 ・・・したと思いきや、実はその1か月後に“抜け目ないラ・ドールの手によって、ちゃっかりとiPS細胞により”剛藤薫氏は完全復活していた・・・・・・ 衝撃の感動ブチ壊し型のエンディングで「撮影は2013年夏!」のコメントと共に、“剛藤マリ”の手掛かりを探しながら剛藤家の3人が人生を歩んでいく所で、話は終わるのであった・・・

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村


 正直、年末年始あたりの勤務スケジュールが結構きつくて、やりたい事がなかなか進めないでいる。高校ラグビーの記事をなかなか書けない というか、その試合内容を観てもいない状態だし・・・(爆)
 取り敢えず、自分なりのペースで色々とやって行くべきだろうな,とは思っている。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・ヒーロー
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。