スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の秋に見る、美しき夢幻 - LAD's Best & 1st

 ドイツとスウェーデンのメロディック・ロック・シーンの牽引者が手を取り合って生まれたバンド、LAST AUTUMN'S DREAM の、ベスト盤が出て来たのに併せ、デビューアルバムも同時に購入した。という訳で、両方纏めて紹介しておく。   購入記事

 バンドの説明は、デビュー作のオビタタキを参照の事。


LAST AUTUMN'S DREAM 「Platform - 10th anniversary best」 (2013年)
オビ:「芳しき美旋律の譜跡 ロック・シーンに燦然と輝くメロディアス・ハードの至宝=LAD デビュー10周年を記念するオールタイム・ベスト・アルバムが遂に登場
 ライナーノーツは、バンドのヴォーカリスト、ミカエル 本人による解説が付いている。

1. Love to go
2. Rainbow sky
3. Hold on to my heart
4. Rock'n roll is saving my soul
5. It's alright
6. See my baby jive
7. My alibi
8. Up in paradise
9. I've fallen into you
10. Pages
11. The last to know
12. The one
13. Preludium - The man I used to be
14. Again and again
15. Happy Xmas (war is over)
16. After tomorrow's gone (acoustic version)
17. Again and again (acoustic version)

・・・・・・なんか、上手い言葉が思い付かない。とにかく、「メロディックハードロックとして優れた内容である」という事だけは確かだ。
 あと、「厳密には「メロディアス・ハードロック」ではなく、正しい英語に即するならば「メロディック・ハードロック」と言うべきなのだが・・・」と、あと、オビタタキ冒頭の「芳しき美旋律の譜跡」という物凄い言葉に「すげぇー」と相槌的なツッコミを入れたい気がした。
 点数は、87点。 B誌では幅さんが82点を付けていた。


「Last autumn's dream」 (2003年)
 キーボードとリズム隊は EUROPE のメンバーが担当している。この時はまだプロジェクト的な意味合いが強かった。
オビ: 「既成概念を覆す格調高き「劇的美旋律」・・・ 長い沈黙を破り、あの男が遂に帰ってきた!! 元「フェア・ウォーニング」の叙情メロディーを紡ぐ不世出のギタリスト「アンディ・マレツェク」(G)とスウェーデンが生んだ天才メロディ・メイカー「ミカエル・アーランドソン」(Vo)が手を結び、今ここに「劇的美旋律」の覇者「ラスト・オータムズ・ドリーム」堂々デビュー!!

1. Again and again   
2. Pictures of love (Bonus track for Japan)
3. Guardian angel
4. Break the chains (of destiny)
5. Blink of the eye
6. Talk to me
7. The one   
8. I never let you go
9. High up
10. Movin' on
11. Going home

 2.は勿論、FAIR WARNING の名曲のリメイクなのだが、実はこの作詞作曲に アンディ は関わっていない。 7.は、ミカエル が過去に出したソロアルバムからの曲をリメイクしたもの。
 第1作の時点で既に、完成度が非常に高いアルバム内容となっている。
 点数は、88点。 B誌ではクロスレヴューされており、広瀬87 - 前田87 - 幅87 だった。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。