スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Two Bridges, Which Lead Us to the Eden - 「solitaire」「the bonding」

 オーストリア出身のシンフォニック・メタル・バンド、EDENBRIDGE の最新アルバム「The bonding」と前作「Solitaire」を紹介しておく。    購入記事


EDENBRIDGE 「Solitaire」 (2010年)
 国内盤にて購入。
オビ: 「永久へと受け継がれる至宝の輝き 天空から地上へと舞い降りた一筋の希望=エデンブリッジ 2年振り7枚目、待望のニュー・アルバムがここに完成 人々がなくしかけた希望の芽を、美しき旋律と共に未来へとつなぐ黄金の架け橋
 ランヴァル(Lanvall) のコメントによると、Karl Stockhammer にこのアルバムを捧げた,との事。但しそれは英文のみであり、日本語ライナーノーツではその事には全く触れられていない。

1. Entree unique   2. Solitaire
3. Higher
 
4. Skyline's end
5. Bon voyage vagabond
6. Inward passage (bonus track)
7. Come undone
8. Out of this world
9. Further afield
10. Eternity (bonus track)
11. A virtual dream?
12. Brothers on Diamir   13. Exit unique

 日本版ボーナストラックの2曲は、共にインストの小曲。6.は ランヴァル の、10.は 少し前に正式なバンドメンバーとなった ドミニク・ゼバスティアン(Dominik Sebastian,G) の作曲。
 4.でヴァイオリン・ソロを弾いているのは、アストリド・ストックハマー(Astrid Stockhammer) である。
 11.は、これまでの中で恐らく最もアグレッシヴ且つ速い曲。
 点数は、86点。 B誌では、奥野さんが80点を付けていた。


「The bonding」 (2013年)
 輸入盤にて購入。
 ランヴァル が全ての作詞作曲、ヴォーカルライン、オーケストレーションをたった独りでこなし、更にプロデュースも務めている。
 ベースは前作に続きメンバー不定なのか、 7.で ヴォルフガング・ロートバウエル(Wolfgang Rothbauer,正式メンバーなのか判り難い。。。) がベースを弾いている以外は全て ランヴァル 自身が演奏している。
 全ての曲のスコアのごく一部が抜粋されて、ブックレット内に記載されている。

[ CD - 1 ]
1. Mistic river
2. Alight a new tomorrow
 
3. Star-crossed dreamer
4. The invinsible force
5. Into a sea of souls
6. Far out of reach
7. Shadows of my memory
8. Death is not the end
9. The bonding

[ CD - 2 ]
(The whole album as instrumental)

 シンフォニックなオーケストレーションをバックに、前作以上にヘヴィでハードなギターリフが、インスト・パートでもヴォーカル・パートでも冴え渡っている。
 ヴォルフガング がグラント(grunt)・ヴォイスを披露している為、必然的に 7.がアルバム中最もアグレッシヴに聞こえる。
 Robby Valentine が全ての曲でバックコーラスを取っており、Erik Martensson が 9.でリードヴォーカルを取っている(ザビーネ(Sabine Edelsbacher) とリード・パートを分けて歌っている)。
 点数は、85点。 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。