スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長年を経て蘇生した、儀礼上の誓約による真実の書籍 CEREMONIAL OATH「the book of truth」

 スウェーデンのデスメタル・シーンでかなり重要な位置を占める CEREMONIAL OATH のアルバム「The book of truth」を紹介しておく。   購入記事


 2012年に奇跡的にバンドが再結成された事を受けての記念版 ・・・らしい? また、この再結成のメンバーは、このデビューアルバム「Book of truth」を制作した時のメンツ、つまり オスカー(Oscar Dronjak, G/Vo) や アンダース(Anders Iwers, Lead G) 、イェスパー(Jesper Strömblad, B) 、マークス(Markus Nordberg, Dr) の4人である。

CEREMONIAL OATH 「The book of truth」 (1993年初盤,2013年日本版発表)
 パンク/ハードコアから強く影響を受けたバンドが多く出た「ストックホルム・スタイル」に対し、IRON MAIDEN らブリティシュ・メタルからの影響を強く受けた「イェテボリ・スタイル」のデスメタル系アクトの初期形態ともいえる楽曲構成を呈していた、極めて原始的な北欧デスメタルバンドのフルアルバムが、結成初期からのデモ音源を附属させて日本発売という運びとなった、変な意味でも記念的作品といえるもの。
オビ:「脈々と息づくスウェディッシュ・デス・メタルの原点 イエスパー・ストロムブラード(IN FLAMES)やオスカー・ドロニャック(HAMMERFALL)らがかつて在籍した伝説のスウェディッシュ・デス・メタル・バンド「セレモニアル・オース」 やがて世界を席巻するイエテボリ伝説の序章がここにある

[ CD 1: The album ]
1. Prologue: Sworn to avenge   2. Chapter Ⅰ: The invocator
3. Chapter Ⅱ: For I have sinned/The praise
4. Chapter Ⅲ: Enthroned
 
5. Chapter Ⅳ: Only evil prevails
6. Chapter Ⅴ: Thunderworld (welcome to forever)
7. Chapter Ⅵ: Lords of twilight
8. Chapter Ⅶ: Ceremonial oath
 
9. Chapter Ⅷ: The lost name of god
10. Chapter Ⅸ: The book of truth
11. Chapter Ⅹ: Hellbound

[ CD 2: The demos ]
1. Intro: The hour between darkness and dawn   2. Remains of death
3. Force of habit
4. A nocturnal predator
5. Into the abyss of hell
6. The invocator
7. Necrosis
8. The lost name of god
9. For I have sinned/The praise

 CD2 の 1.~ 4.は、バンドがまだ DESECRATOR と名乗っていた頃に作られたデモ「Wake the dead」からの曲。5.~ 7.は同じく DESECRATOR 時代のデモ「Black sermons」から。(共に1990年発表) 8.と 9.はバンド名を CEREMONIAL OATH と変えてから1992年に出したEPから。

 完全に、オールドスクール・スタイルのデスメタルバンドが“メロディ要素や正統派HM由来の曲作りを申し訳程度に取り入れてみました”というような、バンドメンバーの現在やっている音楽からの先入観を思いっ切りぶち壊されるような内容である。

 Disc-2 の音が物凄くチープで、本編である Disc-1 を聴いた後に聴いてみると、思わず笑ってしまう。おまけにヴォーカルや楽器演奏の技術も、今の方が20年前よりも格段に上 という事もあるので・・・ 何というか、Disc-2 は完全に重度のマニア向けな内容。
 点数は、76点。 但しこれは純粋な作品という意味での点数。レア価値とか歴史的意味合いを含めると、90点以上になってもおかしくは無いかと。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : Death Metal
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。