スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リーフェ」と発音すべきかと思ってしまったが・・・(スウェーデン語なだけに) -LIFE(Swedish Legendary Progre)

 スウェーデンの伝説的なプログレ・ハードロック・バンド、LIFE が唯一世に出したアルバムの特別盤を。   購入記事


LIFE 「Life - expanded edition」 (1970年初盤,2013年リマスター&特別盤仕様による発売)
 バンドは、BEATLESLED ZEPPELINYARDBIRDSKING CRIMSON などといったイギリスのバンドから影響を受けたミュージシャンが集まって結成された,との事。
オビ:「伝説のスウェーディッシュ・プログレッシヴ・ロック・グループ「ライフ」の1970年唯一作が、スウェーデン語と英語の2ヴァージョンでのコンプリート・リイシュー!」
 作詞作曲は基本的に、アンデシュ・ノルド(Ander Nordh,Keys/B/Vo) と ポール・サンドリン(Paul Sundlin,12strings-G/Pi/B/Vo) の2人による。 トマス・リュードベリ(Thomas Rydberg, Dr) が 6.と 11.の作曲クレジットに名を連ねている。ストリングスは、スウェーデン放送交響楽団。

[ Disc - one ]
1. Quo vadis (Ⅰ)
2. Jag stod ensam på min väg
3. De va' så längesen!
4. Kärlekens språk
5. Hon vandrar över rummet a-på jordens klot!
6. En bit av evigheten   
7. Quo vadis (Ⅱ)
8. Att leva är att älska
9. Varje man
10. Punda' vidare
11. En av oss
12. Jag
13. En gång tiden
14. Quo vadis (Ⅲ)
( Bonus tracks )
15. Jag färdas
16. To the country
17. Tro på vår värld

[ Disc - two ]
1. Quo vadis (Ⅰ)
2. Nobody was there to love me
3. Many years ago   
4. Experience of love
5. She walks across the room
6. Sailing in the sunshine   
7. Quo vadis (Ⅱ)
8. Living is loving   
9. Every man
10. Experience of life
11. One of us
12. Yes, I am
13. Once upon a time
14. Quo vadis (Ⅲ)

  "Att leva är att älska”(Disc-1 の 8.) の英語版である “Living is loving”(Disc-2 の 8.) と、"Jag färdas”( Disc-1 の 15.)は、同じシングルCD内に共に収録されている。また、”To the country” と "Tro på vår värld” が1972年に発表されたシングルCDの中に共に収録されている。
・・・・・・英語版ならネット上で曲を聴く事も出来るのだが、本家本元スウェーデン語による音源は、殆ど出回っていないようだ。
 インストである "Quo vadis" のシリーズは、何となくコケティッシュでもあり、BANCO DEL MUTUO SOCCORSO にも通じ得るものを感じた。トータルで聴いても、北欧的なイメージのメロディは少なく感じた。
 「ハード」というより「へヴィ」と言えるギターの音像にリフ、ドラムワークと程良いストリングスの味付け、ギターとベースを始めとする各楽器のフレージング&アンサンブル、曲展開・・・ いずれも、何度聴いても飽きない。
 この容量で(税込)2730円 というのは、非常に安い。 点数は、89点

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。