スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppelion 5-7(原作漫画・4巻の終わりまで)

 「コッペリオン」の、ストーリー自体は原作漫画に忠実で殆ど変わらないのだが、放射性廃棄物とか核廃棄物とかの用語(概念)だけについては、中途半端にぼかされていて、重々しさが希薄化している。

・・・・・・取り敢えず、試験を間近に控えているため、ざっと短く纏めて書き出しておく。
 上述の通り、ストーリー自体は原作漫画とほぼ変わらない形で進んでいくため、省略しておく。
 見所は、第5話では「第一師団が、日本への反逆・復讐を企てようとしている事が明らかになり、その理由が語られる。また、夏目総理が第一師団の名に怯える」場面。
 6話では、第一師団長である“白外套”こと国木田(cv:秋元洋介)の大立ち回り。最後で「天才科学者・Dr.コッペリウスのクローン体、紫原敦(コード:C-1)が、華麗に登場してくる」所。
 7話では、その黒澤遥人が華麗に大活躍して(コード:C-2 こと成瀬荊の救命含む)国木田を捉え尋問するシーン、そして、最後の方で小津姉妹が登場するシーン。 

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : COPPELION<コッペリオン>
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。