スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キングダム」第二期 十九話~二十三話

 「キングダム」2期の中でも最も主人公・信の見せ場として映えるであろう場面・・・ それは、何と言っても、ここ最近での魏国戦、廉頗四天王の一角、輪虎との戦いだろう。勿論、一騎打ちとか、輪虎対王賁と信 という“切り取られた戦闘シーン”でなく、例えば、蒙恬の提案した三隊共闘(最新・23話のタイトルでもある)とか、遡れば廉頗との激突が始まる17話の辺りからの全てだ と思う。

・・・・・・楚水達の七百人がそのまま加わり、(廉頗戦での)序盤では勢いに乗っていた信達だった。急増部隊ながらも、うまく連携を取れるか定かでなかったものの、至極単純な「千人一丸となって目標に突撃する」という作戦で他の急増部隊とは明らかに異なる動きを見せつける。しかし、因縁の出来た輪虎と出逢い、少しの間だけだが戦って痛手を負い、更に玄峰の策略に翻弄され、玉鳳隊もろとも飛信隊は大きな犠牲を出しながら退却せざるを得ない状況に。

 「Giant killing」(漫画の方)の中で、伊藤健太郎さん演じる黒田(DF)は「FWが一番嫌がるタイプのDF選手は、上手いヤツじゃねえ。しつこく粘り強く張り付いてくるヤツだ。」と言っていた。そして勿論、その黒田は“FWが最も嫌がる”タイプの肉体は(だけど小柄な)選手である。
・・・後に趙唐将軍と共に合従軍相手に互角以上の戦いを見せる桓騎は、それとは違って「相手を嫌がらせる」事を平気でやってのけるタイプの軍略家である。桓騎の作戦並びに行動は、敵兵の死体を送りつけることで士気を挫く事、更に敵兵の死体から魏国の甲冑を奪って着用し、まんまと(玄峰軍の)本陣に到着する事。玄峰の首をあっさりと刈り取り、四天王の一角を潰したのだった。
 
 祖父と父親を見て、また見守られながら育った蒙恬。彼は、廉頗四天王の情報を調べて「輪虎が、四天王の中で最も危険だ。」と結論付け、「自分達が大きな武功を得るには、廉頗四天王クラスの首が必要」と持ち掛けて作戦に飛信隊と玉鳳隊を引き込むのだった。(そして、一番上のシーンへ)

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : キングダム
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。