スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの、陽気な古豪プログレ集団による2作品 - BANCO(以下略) 「Banco」&「Last supper」

 「Italian progressive rock history(Storia del rock progressivo Italiano)」でも取り上げられていた、長い歴史を持つ BANCO DEL MUTUO SOCCORSO のアルバム2枚を紹介しておく。   購入記事
 ヴィットリオ(Vittorio)&ジャンニ(Gianni) の、ノチェンツィ(Nocenzi)兄弟 がキーボードを担当している。表記の上では「ダブル・キーボード」となっているが、ピアノ(ジャンニ担当)とオルガン(ヴィットリオ担当)がメインとして使用されている。
 ただ、「ダブル・キーボード」とはいっても、ノチェンツィ兄弟は、シンセサイザーは言うに及ばず、クラリネットや電子楽器の類もバンバン操っている。

 共に、2009年にSHM-CD化された。また、共に「英語版」仕様のものである。厳密には、イタリア語版仕様のものは再販されていないようだ。

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO 「Banco」 (1975年初盤)
 「イタリアの輝き ~ バンコ登場」という邦題が付いている。
 歌詞はヴォーカリストの フランチェスコ・ディ・ジャコモ(Francesco di Giacomo) と ヴィットリオ の2人が手掛けているが、英語版は Marva Jan Marrow なる人物が全て対訳・監修を務めている模様。

1. Chorale (from Traccia's theme)
2. L'albero del pane
3. Metamorphosis   
4. Outside
5. Leave me alone
6. Nothing's the same
7. Traccia Ⅱ

 6.以外の曲は邦題が付いている。それぞれ、
1. コーラル(軌跡のテーマ)
2. パンのなる木
3. 変身
4. 太陽の彼方から
5. 一人ぼっち
7. 軌跡 Ⅱ
 となっている。

 1.と 7.はそれぞれアルバム(当時はレコード)のイントロとアウトロを担うインストもの。
 アコースティックギターのプレイや丁寧に歌うヴォーカルなどを聴いて、次に紹介するアルバムと比べて、より整合性に溢れて整然としたイメージを受けた。
 点数は、78点

「As in a last supper」 (1976年初盤)
 当然、邦題は「最後の晩餐」である。
 ノチェンツィ兄弟が全ての作曲を手掛け、フランチェスコ&ヴィットリオがイタリア語歌詞を作詞している。ここでは英語版の担当は Angelo Branduardi である。

1. At supper, for example
2. The spider
3. John has a good heart, but...
4. Slogan
5. They say dolphins speak   
6. Voila' midae!
7. When good people counsel
8. The night is full
9. Towards my door

 2.と 4.以外の曲は邦題が付いている。それぞれ、
1. 晩餐にて・・・
3. 善良なヨハネ
5. イルカのおしゃべり
6. 祈祷師
7. 善良な民に聞け
8. 洪水の夜
9. 我が戸口まで
 となっている。

 やりたい放題 というか、ピアノとオルガンが真っ向から激突し合い絡みあい、負けじとリズム隊やギターも様々な旋律を奏で変拍子を繰り出し・・・ と、アヴァンギャルドで“冷たさを聴き手に感じさせない”ような陽気な雰囲気が、アルバム全体を包み込んでいる。 
 点数は、79点


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。