スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIbutes to the Metal God - JUDAS PRIESTトリビュート、3枚紹介

 JUDAS PRIEST へのトリビュート・アルバムを、3枚一気に紹介しておく。


V.A. 「A tribute to JUDAS PRIEST - legends of metal  vol.1」 (1996年)
 自分がメタルに目覚めたきっかけとも言えるアルバム。
 次に紹介する vol.2 と共に、オビは紛失している。(大方、これを買った当時の自分は、オビに価値を見出しておらず、捨てていた と思う)

1. Hellion ~ Electric eye   (HELLOWEEN)
2. Saints in hell   (FATES WARNING)
   
3. Victim of changes   (GAMMA RAY)
4. Sinner   (Devin Townsend)
5. The ripper   (MERCYFUL FATE)
6. Jawbreaker   (RAGE)
7. Night crawler   (RADDAKA)
8. Burnin' up   (DOOM SQUAD)
9. A touch of evil   (LIONS SHARE)
10. Rapid fire   (TESTAMENT)
11. Metal gods   (U.D.O.)
12. You've got another thing coming   (SAXON)

 初っ端から1., 2., 3.という曲そのものの良さをそのまま活かしたタイプのものが出て来る。続いて、アレンジの非常に効いたナンバーが出て来る が・・・ 8.があまり良くないと思う。今になって聴き直してみると、曲の方はともかくアレンジも演奏も、際立ったものを感じなかった。 ちなみに、当時の自分はこの頃の TESTAMENT(チャック・ビリー がノーマルヴォイスを捨てて咆哮全開で歌っている) を受け付けられなかった ・・・という思い出がある。
 点数は、87点


「A tribute to JUDAS PRIEST - legends of metal  vol.2」 (1996年)

1. The ripper   (ICED EARTH)
2. Beyond the realms of death   (BLIND GUARDIAN)
3. The sentinel   (HEAVENS GATE)
   
4. Love bites   (NEVERMORE)
5. Exciter   (GAMMA RAY feat. Ralf Scheepers)
6. Dissident aggressor   (FORBIDDEN)
7. Painkiller   (ANGRA)
8. Tyrant   (OVERKILL)
9. Grinder   (KREATOR)
10. Dreamer deceiver   (SKYCLAD)
11. Bloodstone   (STRATOVARIUS)
12. Screaming for vengeance   (VIRGIN STEELE)
13. Night comes down   (LEVIATHAN)

 個人的に特に気に入ったのは、 ・・・・・・ 10.以外の全て。( ← オイ) 更にそれらの中から 8.と 9.に衝撃を受け、OVERKILLKREATOR に引きずり込まれ、また別の意味で 4.に衝撃を受けた。 別の意味で、自分にとって「vol.1」以上の教科書的存在となった一枚。
 点数は、91点


3枚目は「追記」の形で。
 上の2枚は ビクター/センチュリー・メディアから出たものだが、こちらは キングレコーズ からである。

「A tribute to the PRIEST」 (2003年)
オビ:「揺るぎなき鋼鉄の信念のもとに集結せよ! 「“ヘヴィ・メタル”という名の下に於いて、此程までに何のためらいもなく「神」と崇められる存在は、過去にも、現在にも、そして未来にも決して現れる事は無いであろう。 我々にはその「神」の「子」となり、誇りと信念を後世に継承していく使命がある」 ―― 瞬火(陰陽座)

1. Hell bent for leather   (ANNIHILATOR)
2. Metal gods   (PRIMAL FEAR)
3. Beyond the realms of death   (陰陽座)*
 
4. Riding on the wind   (WITCHERY)
5. Screaming for vengeance   (ICED EARTH)
6. Jawbreaker   (SIEBENBÜRGEN)
7. Breaking the law   (HAMMERFALL)
8. Electric eye   (BENEDICTION)
9. Painkiller   (DEATH)
10. All guns blazing   (SILENT FORCE)
11. Dreamer deceiver   (STEEL PROPHET)
12. Never satisfied   (ARMORED SAINT)
13. Green manalishi   (THERION)
14. Diamonds and lust   (THUNDERSTONE)

*3.は、日本盤のみのボーナストラック。
 デス/ブラックメタル系のバンドも多数入ってきているが、そのいずれもが、とても格好良い(4., 6., 8., 9.)。
 嘗て ACCEPT の格好良いカヴァーを聴かせてくれた STEEL PROPHET による、ここでのアレンジもなかなか素晴らしい。 ・・・・・・ただ、12.が何となくいまいち。
 点数は、91点


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。