スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Just Bathing Sound Wind and Sound of Music...  RENAISSANCE「消ゆる風」

 イギリスのプログレ・バンドの草分け的存在の一角である RENAISSANCE の最新アルバム「Grandine il vento」を。   購入記事
 バンド名義のスタジオアルバムとしては13年振りとなる。


RENAISSANCE 「Grandine il vento」 (2013年)
 SHM-CD盤にて購入。
 昨年亡くなったバンドのメインコンポーザー/ギタリスト、マイケル・ダンフォード(Michael Dunford) の遺作。 「消ゆる風」の邦題が付いている。
オビ: 「英国ロック・シーンの生けるレジェンド=ルネッサンス 伝説の幕開けとなった『プロローグ』、そして『燃ゆる灰』から約30年の歳月を経てアニーとマイケルのコラボレーションがここに完結する、13年ぶりのニュー・アルバム」

1. Symphony of light
2. Waterfall
3. Grandine il vento
4. Porcelain
5. Cry to the world
6. Air of drama
7. Blood silver like moonlight
8. The mystic and the muse
( Bonus track for Japan )
9. Carpet of the sun (Annie and Michael acoustic duet version)

 タイトルトラックである 3.の歌詞は、イタリア語と英語が混ざっている構成。 7.に「たゆたいの月影」という邦題が付けられている。(邦題付の曲は 3.と 7.の2曲だけ)
 9.は、2012年に アニー・ハズラム(Annie Haslam) と ダンフォード の2人が「NEARfest」で披露したパフォーマンスからの出展。
 曲は、公式サイトの方で聴くことが出来るので(但し、3., 5., 7., 8.の4曲のみ)、ここでは紹介しない。正確に言うと、「公式にYT上に出ている動画が見つからなかった」というのもあるけど。
 点数は、87点
Prog-Archives での紹介 但しここは、一般のリスナー達がコメントを寄せ採点するシステムとなっている。現時点(2013年10月27日)では4人が投稿、平均は5点満点中3.35 となっている。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。