スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他国のホッケーにうつつを抜かしているわけでもないのだが。(マーキングをするわけでもないし) THE POODLES「tour de force」

 初めて買った THE POODLES のアルバム、「Tour de force」を。

 購入を決意した理由は、ボーナストラック扱いとなっている曲 "En för lla för en" が、2013年のアイスホッケー世界大会に於ける彼らの母国・スウェーデンのアイスホッケーチームの公式テーマ曲という事を知ってから。 勿論、日本ではこのような動きとか注目とかは全くされない。 アメフトの河口が「ラグビーとかと比べても、うちはまだマイナースポーツやから・・・」と自虐ネタを披露する事はあるが、アイスホッケーが更にそれを下回る位置にある ・・・・・・と、色んな事をこの場で言ってもしょうがないので(少し前に放送された特別編「ジャンクスポーツ」の中で、そのシーンが放送されていた)
 届いてから、結構長い間車の中で聴き続けていた。   購入記事


THE POODLES 「Tour de force」 (2013年)
オビ:「時代に流されず堂々と放つ、迷いなきアリーナ級ハード・ロックの極み! スウェーデンが誇る“プードルズ”、エンタテインメント性に溢れた最高傑作!!  スウェーデンを代表するメロディック・ハード・ロック・バンド、プードルズの5thアルバム! ハイレベルな楽曲とプロダクションで完璧に仕上げた隙のないアリーナ級のサウンド! バンド史上最強の本作を引っ提げて、世界制覇に向けた大きな一歩を踏み出す!!」

1. Misery loves company
2. Shut up!
 
3. Happily ever after
4. Viva democracy
5. Going down
6. Leaving the past to pass
7. 40 days 4o nights
8. Kings & fools
9. Miracle
10. Godspeed
11. Now is the time
12. Only just begun
( Bonus track )
13. En för lla för en
( Bonus track for Japan )
14. Leaving the past to pass (acoustic version)

 トータルで見ると、程良くポップな感じの曲のノリとヴォーカル&ギター・ラインが心地好く、嫌みのないスッキリした内容 ・・・というか、全ての曲が「耳に心地好いロック・ナンバー」となっている。 3.など、80年代にアメリカのLAで流行っていたグラム・ロックのような雰囲気もあるが、たまに EUROPE 等のような北欧系メロディックロックバンド特有の哀愁のメロディも聞こえてくる。 バラードの 6.も良い。
 ポップなノリ(ロックビート)と聴かせるメロディ、それぞれの要素が非常に高レヴェルで融和している。 (融“合”するだけでなく、更にその先に進み、“調和している”状態)
 13.はスウェーデン語なのだが、歌詞・対訳共に載っていない。また、この曲を聴いて「MEGAEDTH の "Crush'em"(元々これはアイスホッケー・ソング として作られている。アルバム「Risk」収録) と似た雰囲気があるけど・・・ ある意味当然か!?」と思った。共に、良かれ悪しかれ“ポップ系”の曲なので。
 点数は、91点METAL TEMPLE では、驚異の満点評価(10/10)となっている。 B誌では、幅さんが92点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村


 カテゴリ としては、「ハード・ポップ」と「Melodic-HR」のどちらに分類しておこうかなと思ったが、北欧のバンドだからという理由で(お゛)、「Melodic-HR」の方に入れておく。

 あと、ついでに 日本のアイスホッケーを応援するサイト「No Markを、紹介しておく。 右のリンク集にも掲載しているけど。
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。