スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Concerto Grosso - Prologue & New Chapter (NEW TROLLS)

 イタリアのプログレ・ロック界の生きる伝説、NEW TROLLS による、「コンチェルト・グロッソ」シリーズのうち、2枚を紹介しておきたい。


NEW TROLLS 「Concerto grosso - seven seasons」 (2007年)
   購入記事
オビ:「1971、1976・・・ そして3度目の邂逅・・・ ユーロ/プログレッシヴ・ロック史上に燦然と輝く傑作「コンチェルト・グロッソⅠ&Ⅱ」の続章がここに・・・。 「ヴィットリオ・デ・スカルツィ」、「ニコ・ディ・パーロ」のケミストリーが再び紡ぎ出す奇跡の証、今万感の想いと共に・・・

1. Knowledge  (overture)
2. Dance with the rain  (Ballata)
3. Future joy  (Scherzo)
4. High education  (Cello cadenza)
5. The seventh season  (Ostinato)
6. One magic night  (Larghetto)
7. Barocco'n'roll  (allegro brioso)
 
8. Intro and canone
9. Testament of time  (andante)
10. The ray of white light  (rondo)
11. To love the land  (adagio)
12. The season of hope  (piano preludo)
13. Simply angels  (suite)
14. Ethix  (canzona)
( Bonus tracks for Japan )
15. So che ci sei
 
16. Ethix (feat. Sarah Jane Morris)

 6.は英語とイタリア語が共に出て来る。15.は "Dance with the rain" のイタリア語版。 ・・・で、6.は英語部分は当然イタリア語部分も対訳が載っている。
 1., 3., 4., 7., 8., 12.はインスト。 
 点数は、90点


「Concerto grosso per i」 (1989年)
  購入記事  「コンチェルト・グロッソ」シリーズの第1章(1971年発表)と第2章(1976年発表)を一枚のCDに収めたもの。
 ライナーノーツはあるのだが非常に小さい文字で、しかもイタリア語で書かれている(本作はイタリア盤)ため、詳細が掴みにくい。

( N゜1 )
1. 1' tempo: Allegro
2. 2' tempo: Adagio (Shadows)
3. 3' tempo: Cadenza - Andante con moto
4. 4' tempo: Shadows (per Jimi Hendrix)
5. Nella sala vuota, improvvisazioni dei NEW TROLLS registrate in diretta
   
( N゜2 )
6. 1' tempo: Vivace
7. 2' tempo: Andante (Most dear lady)
8. 3' tempo: Moderato (Fare you well dove)
9. Quiet seas
10. Vent'anni
11. Bella come mai
12. Let it be me
13. Le roi soleil   

 N゜1 が37分と少し(最終章である 5.は20分30秒という複雑な構成の大曲)、N゜2 が33分ほど(一曲平均4分強)である。
 同郷にして時代の近いプログレバンドやイギリスのそれらと比べてみると、結構 JETHRO TULL と似ている所が多いかな,と思った。
 点数は、82点

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。