スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deceiving the Metal God, from North They Coming  (New Album of AMON AMARTH)

 AMON AMARTH の最新アルバムが到着してから、早速カーステに放り込んで何度も繰り返し聴いた。 というわけで、早速記事にしておきたい。  購入記事


AMON AMARTH 「Deceiver of the gods」 (2013年)
 輸入盤で購入した。 国内盤はSHM-CD仕様のものがあるのだが、あくまでも[SHM-CD + DVD]の仕様という割高なパッケージ(自分としては、そう思った)のみでしか扱われていなかったために、「CD単品仕様」の盤を注文していた訳である。

1. Deceiver of the gods
 
2. As Loke falls
3. Father of the wolf
4. Shape shifter
5. Under siege
6. Blood eagle
7. We shall destroy
8. Hel
9. Coming of the tide
10. Warriors of the north

 8.で、クリアヴォイスで歌っているのは、スウェーデンで伝説的なヴォーカリスト、メサイア・マーコリン(Messiah Marcolin) である。
 メロディック且つアグレッシヴなギターラインだけを聴いていると、「攻撃性を優先させた格好良いヘヴィメタル」という雰囲気がする。リズム隊によるフレーズの数々も、そんなイメージがする。しかし、ヴォーカルと音質が、一気に「これは、デスメタルである」と、猛然とアピールしてくる。
 「デスメタルか、メロデスか」と問われると答えに迷うが、ドラマティックでメロディックな要素が盛り込まれている事だけは間違いない。
 点数は、85点。 B誌では、小澤さんが82点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。