スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローゼンメイデン」の余波というか。。。 (Healing/Fantasic/Melchen musics)

  アニメ「ローゼンメイデン」が、変な形で(ツッコミ要素を多大に残しながら)終了した というのは置いといて。
 嘗て10年程前に放送され、当時話題となった、美麗絵画アニメ(漫画原作)だが・・・・・・ 今回放送されたものは、終わり方がすっきりしていないように感じる分、大分気持ちが離れてしまった,というのが本音だ。 ・・・というのも、出来ればこの場では控えて置きたい所であるが。

 とにかく、今回は、前期RMのサウンドトラックから、自分が持っているアルバム/ミニアルバムを、出しておきたい。


 「Rozen Maiden  Piano sound album」 (2009年) 
オビ:「 「ローゼンメイデン」シリーズのBGMと主題歌「禁じられた遊び」「透明シェルター」をピアノアレンジしたヒーリングアルバム。」
 ピアノスコア付ブックレットとして、1., 2., 3., 7., 9., 12., 13.の7曲の譜面が掲載されている。
 ALI PROJECT片倉三起也さんが 2.を作曲、myu さんが 13.を作曲、それ以外は全て光宗信吉さんが作曲しており、ピアノアレンジは UbiQuinta なる人物(ユニット/バンド?)が行っている。

1. 誕生 ~ 気高きドールズ ~
2. 禁じられた遊び
3. 薔薇乙女
4. 穏やかな日常
5. 小さな乙女
6. かしましい乙女たち
7. 夕景
8. 探偵くんくん
9. 乙女の意志
10. 薔薇乙女の運命
11. アリスゲーム
12. 戦いの果て
13. 透明シェルター

 本当に、ピアノ1台のみによって演奏されている。 確か、こういうのは、クラシックものでも耳にした事が(今でも)無かったかと思う。類似した作品を上げるとすれば、やはりクラシック音楽分野になってしまう(ユリア・フィッシャー による、「Paganini: 24 Caprices Op.1」 )。アニメ関係の音楽のアレンジ作品としては、非常に珍しいコンセプトだが、十分成功している内容。精神性としては、RAGE(ドイツのパワーメタルバンド) に近いものを感じてしまった。


Kukui 「光の螺旋率」 (2005年)
 Kukui とは、霜月はるか さんと myu さんの2人によって結成された、ソプラノヴォーカルをメインとした、儚さと美しさ、また荘厳さを体現するような歌詞とメロディと楽曲構成を持つプロジェクト。18分強、7曲 という内容。
オビ:「光の彼方から届いたハルモニエ」

1. 光の螺旋律
2. 現夢 (ウツツノユメ)
3. Atem
4. アルカナ
5. 白と赤
6. Kamp
7. 光の螺旋律 ~ off vocal ~

 とても柔和でファンタジックな、ボサノヴァよりも落ち着いた感のある内容。しかし、原作漫画の内容が内容なだけに、恋愛要素とかいう物は排除されている。
 梶浦由紀さんが携わっている「ツバサ・クロニクル」や はまたけし による「まおゆう 魔王勇者」のサウンドトラックに同じく、ギリシャ/ラテン系の言葉や造語が飛び交う、メルヘンチックでアヴァンギャルドな作風の 3.~ 6.(インストではない)を表現する霜月さんの「エンジェリック・ヴォイス」に相応しい声質持つが良い。ヒーリング音楽にも近い雰囲気がある。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : サウンドトラック/インストゥルメンタル
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。