スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「侵」&「激」の、22話と23話。

 女型巨人の生け捕りに失敗、その能力から見て、生け捕りは非常に困難(実質無理)とリヴァイは判断した。エレンを丸呑みにした女型を追い、ミカサと共に「ヤツを殺す!」と決断する。
 ヤンデレモードを容赦なく爆裂させるミカサは、赤司兵士長の「エレンは死んでいるのか?」の質問に対し、「生きています!」と力強く即答する。リヴァイはそれに対し、淡々と「・・・だといいな。」と返す。
「俺がヤツを削る。お前は、ヤツの注意を引け!」という赤司の命令に従い、ミカサは高速且つ広範囲を飛び回る。リヴァイの超高速回転斬り(と、ミカサの適切なサポート)によって女型巨人の肉体機能は徐々に低下する。女型巨人の口からエレンが吐き出され、エレンの救出は成功する。
 その後、女型巨人(と、その中にいるであろう極めて狡猾な人間)の姿は見えなくなった。
 リヴァイ班メンバーや今回の壁外調査で死亡した仲間達の死体を馬車に積み上げて戻ろうとする一行を、再び巨人の群れが襲撃してくる。徐々に追い付かれる調査班のメンバーは、“重荷(=仲間の死体)を捨てる”という苦渋の決断をする。
 リヴァイは、親友の死体を取り戻そうとする、或る一人の隊員を制して「これが、奴らの生きた証だ。 ・・・・・・俺にとってのな。」と、制服に縫い付けられていた軍章を見せ、そして「イワン(ある生存兵の親友)のものだ。」と、生存兵に手渡すのだった。 その兵士は、リヴァイには確かな「人としての心」があると確信して、これまで以上に更に涙する。

 ペトラの父親を担当している声優が、てらそままさき さんだと・・・ 何となく、最近、てらそまさんって、誰かの父親役を演じる事が多いように思う・・・

23話は、場面が大きく変わってウォール・シーナ内部、ストヘス区の憲兵団註屯所から始まる。 前回の終わりで“とある一少年”を演じていた嶋村侑さんだったが、本格的に “憲兵団員であるアニ・レオンハート” の顔に戻っていた。
 前回の件で多大な犠牲を出した調査兵団のトップ数名やエレンが“中央”に召集されて査問、そして懲罰を受けること確定 という事態になる。
 ストヘス区内に侵入したアルミンは、密にアニに接触して「エレン救出計画」への参加を打診する。 彼女はあまり乗り気でないものの、渋々アルミンやエレン達に付き従う。
 しかし、地下道へ入って行く際、アニはそれ以上の動向を断固拒否する。地下道の入り口に入ろうとせず、アニは立ち止まったまま「私は、あんた達と一緒には行けない・・・」とだけ説明する。 すると、アルミンが意外なセリフを口にした。
「・・・アニ、どうして、マルコの立体機動装置を持っているの? 変形具合とかから、見ていて僕には判るんだ。」 更に、以前、生け捕りにした巨人2体が“暗殺”された際に調査兵団員の持っていた立体機動装置が使用されていなかった点を指摘し、「なぜ、あの時、君は僕を殺さなかった・・・? 2体の巨人を殺したのも君か?」と続けて詰問する。
「一緒に来るんだ!」と、アルミンとエレンが説得を試みるも、拒絶するアニに対し、ミカサは「もう一度肉を削いでやろうか、女型の巨人!!!」と敵意を剥き出しにした。
 潜んでいたアルミン達の仲間が一斉にアニを取り押さえようとするが、彼女は強引に“自傷行為”を行い、そして エレンが巨人化した際や女型巨人が突如出現した際に起こった高エネルギー発生現象が見られ、そして23話は終わりに。

・・・・・・話は前後するが、エレンの影武者としてジャンを立てた際のアルミンの説明台詞が、 「サーバントサービス」の三好さん並みにヒドい。 「大丈夫。エレンもジャンも、目付きが凶暴な悪人面だから。」だと・・・


にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村    にほんブログ村


 神谷浩史さん、相変わらず失礼・・・
スポンサーサイト

テーマ : 進撃の巨人(ネタバレOK)話題
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。