スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Terra Formars」でも「黒子のバスケ」でもねえ。  (Attack of Titan - 20&21話)

 遂に女型巨人を生け捕りにした調査兵団。
 前回で、エレンが「選べ。 お前自身を信じるか、それとも俺達調査兵団組織を信じるか・・・」とリヴァイ兵士長に迫られ、“信じたい”という気持ちから仲間に従った。そして、リヴァイが女型巨人を眼前にして「中の奴を引きずり出してやる・・・!」と息巻いていた。

 そして、緑間団長と赤司兵士長が女型巨人の能力を検分し始める頃、氷室辰也たち一般兵卒は、木登りの出来る(学習能力が高めである)巨人の存在を確認していた。巨人の学習能力にはかなりの個体差がある様子。

 女型巨人は体の一部を硬質化させる「鎧の巨人」と同じ能力を発揮し、ブレードによる必殺の一撃を全く通させなかった。そして、生命と肉体(本体の人間)、また情報漏洩の危機を感じ取ったのか、凄まじい大音響(断末魔?)を轟かせる。すると、巨人たちが一斉に彼女の下に集まり始め、女型巨人の肉体を喰らい始めた。
「知能の高い女型巨人による、自殺的隠ぺい工作」と判断したエルヴィン達は対策を講じようとするが、結局出し抜かれてしまった。
 女型が自ら呼び集めた巨人達にその体を喰わせ、蒸発した後。
 エルヴィン副部長が「ガスとブレードの補充をしておけ」とリヴァイキャプテンに命令する。説明を求められると「とにかく命令だ。」と言われたため、「分かった。お前の判断を信じよう」と素直に従い、赤司キャプテンは時間を置いてその場を離れた。
ハンジ・ゾエが「何故、補充を命じたのですか?」と訊ねると、エルヴィンは「君は、巨人が食われるとき、中身が食われるのを視たか? ・・・俺も視ていないのだよ。」と返答した。 「・・・・・・まさか、」 「仮に、スパイが紛れ込んでいたとして、そいつは予め立体起動装置を装着した状態で巨人化し、今では巨人の密集と激しい蒸気に紛れて離脱し、我々の中に“見方”として紛れ込んでいる。」 奇しくも、エルヴィンの読みは的中してしまう事に。
 リヴァイ班の面々は、罠と気づかずに緑の信号弾を視認してリヴァイと合流しようとする。 しかし、フードを目深に被った謎の調査兵団員(風の何者か)が、突如グンタを斬殺する・・・・・・!

21話で更に、ハンジの答えに対し、続けざまにエルヴィンは「仮に、巨人化に錬度があるとしたら・・・ 巨人化能力を持つ者が余力を残しているとしたら、再び巨人化できるだろう・・・ エレンは初心者だ、彼を尺度に考えるのは間違っている、思考を飛躍させなくては・・・」と、緑間は赤司に若干及ばないながら何とか付いて行ける思考回路をフル回転させながら最悪の事態を想定していく。
 リヴァイ班の方では、グンタが完全な不意打ちで“仲間、しかし元から裏切り者”にやられた事で浮足立ちつつも体制を取り直そうと踏ん張る。
 そして、再びスパイが本領を発揮した(女型巨人が出現した)後、エルド、オルオ、ペトラの3人は「エレンの巨人化はリスクが大き過ぎる」と説明し、エレンを本部へ避難させようと命令する。
 見事な連会プレイで一時は女型を追い詰めたのだが、冷徹且つ精密、そして更に換骨奪胎の精神まで併せ持つ女型巨人のまさかの反撃の前に、3人共に敗れ去り、絶命する。
 そのシーンを目の当たりにしたエレンは激昂し、このような結果を招いた自分の選択を激しく後悔した。
「俺がした選択で、皆が死んだ・・・・・・ いや、お前が一番悪い!」と、巨人化したエレンが激しく咆哮し、一時は女型を追い詰めるのだが、エレンの雑な動きに対して女型の動きは非常に洗練されており、更に硬化能力の運用もあって、女型はエレン(巨人)の頭部を吹き飛ばし、中にいたエレンを丸呑みにする。
 そしてその現場を見ていたミカサはしばしの間呆然としていたが、気を取り戻してから、“あの”腐女子ならぬ怖女子モードに突入して全力で追いかける。
「エレンを、返せぇぇえええ!!!」と激昂するミカサに、リヴァイが合流して「共闘して、女型を仕留めるぞ」と提案し、そのシーンのまま、21話が終わる。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 進撃の巨人
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。