スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Attack of Titan -番外編(?)+14・15話

 ここ数日、ヒマな時間に「進撃の巨人」のパロディ系(?)ネタ集の動画や静画を見ていた。


・・・・・・とにかく、数多く「進撃の○○」というタイトルで、ネタが大量に出て来る出て来る。
 面白いのやらそうでないのやら、玉石混交ではあるが、とにかく凄まじく大量の関連MAD動画が見つかり・・・ とにかくかなり多数の動画を見てしまった。そして、中でも特にジャンが愛されている(≒イジられている)ことを知った。
 「進撃の ~」シリーズは、とにかく、非常に多くのヴァリエーションがあるため、動画への直リンなどは敢えてこの場ではしておかないが、なんにしても、笑えるものもそうでない物もある という状態(ジャン・キルシュタインのネタにしても、当たり外れはある) という事だけは指摘しておきたい。




エレンが意図的に巨人化し、自意識で大岩にて「ウォール・ローゼ」の穴を塞いだ。そして「初めて、人類が巨人に勝った日」となった日(第14話)の、夜・・・
 エレンは、独房で目を覚ました。 鉄格子の向こうにいるのは、リヴァイ班(リヴァイ率いる調査兵団の中でも精鋭中の精鋭を誇る)の構成員数名。
 リヴァイがエレンに「お前は、何がしたい?」と問い掛け、その答え「とにかく、巨人をぶっ殺したい」を聞いて、エレンを預かる事を決める。
「コイツの責任が俺が持つ。コイツが裏切ったり妙なマネをしたら、俺が殺す。」
 そうして、 ・・・・・・・・・・・・ 葉山小太郎は、赤司征十郎の預かりとなった??? ・・・って、違うか。。。

 また、「ウォール・シーナ」地区内に暮す上層階級のお高く留まっている者共は、明らかに「ウォール・ローゼ」内の住民を蔑む差別的な言動をしており、住民が「シーナ」区内に流入してくる事を露骨に嫌悪していた。
“中央”で王を護る憲兵団から「エレンを引き取りたい、研究材料として徹底的に調べさせてくれ」との申し出があり、憲兵団と調査兵団双方に対し強い権力を有する総統 ダリス・ザックレー(担当cv: 手塚秀彰) が仲裁に入ってエレンの扱いを決定する事に。
 調査兵団側の言い分は「彼の力を借りてウォール・マリアを奪還する。それが最優先である」と、単純明快なもの。
 憲兵団側の言い分は「後学の為、我々の巨人対抗手段とする為、徹底的にエレンの体を調べ、その後に脅威を取り除くべく処分する」というもの。
 一悶着あって決定の場に重い空気が流れるも、リヴァイの一演技(エレンを一方的に痛めつける)と決めゼリフ「こいつの責任は俺が持つ。 (以下略)によって、何とかエレンは調査兵団預かりの身となるのであった。
「なあエレン、俺を恨んでいるか?」 - 「いえ、必要な演出として理解しています。」 という、2人の間の奇妙な関係は、・・・ミカサの目には果たしてどう映っているんだろうか?


15話で“リヴァイ班”が、ウォール・マリア奪還の為に構えた「旧・調査兵団本部」だが、そこは数年間放置されていた為に、「先ずは掃除!」となる。
 エレンは「己(巨人化)を完全に制御しきれていない」との理由から、睡眠時の暴走を懸念された上で「地下室で寝るように」と命令される。
 ハンジ・ゾエ女史が、生け捕りにした巨人2体を相手に様々な実験を試み、更にエレンにも実験参加を要請する。
「巨人は、消化器官や呼吸・発声器官を有しない」という、既にエレンたちが訓練生時代に習った事の復習トークを延々とされたエレンだったが、彼女の話から、非常に僅かながら情報を得たか ・・・と思う。
 コミュニケーションを取ろうとハンジが模索し、更に「巨人は夜になると活動が鈍くなるので、遮光してみた」など、そしてその探究心の根源とも言える巨人に対する疑問。それは、「巨人の体が見た目のイメージ以上に軽い」「あのような巨体が二足歩行できること自体が不自然」「エレンが巨人化した時、何も無い所から突如巨人の体が出現した」という、巨人の構造的特性に関する、未だ解き明かされていない課題である。
 元々、自分がこのアニメを観始めた時も「質量保存の法則を無視しているのは、どのファンタジー系アニメでも当然の如く行われている」という概念が、「空想非科学シリーズ」のテコ入れが入ったかの如くかなり突っ込んでそういう内容にまで攻め込んで来るとは・・・

 そして、生け捕りにした2体の巨人が、何故か(内部の者によって?)殺された という所で、15話「反撃前夜 ②」は終わる。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 進撃の巨人
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。