スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年ツール・ド・フランス に関して(第10ステージまで)

 前の記事で記事番号が1800に達していた事に気付いていなかった というか、気に留めていなかった。



 世界規模で人気があり、実に180国で放送される、世界のスポーツ祭典の中でも相当に大きな自転車競技大会 「ツール・ド・フランス」は、日本では極端に注目されておらず、情報も入り難い。

・・・そんな事もあって、「まいにちツール・ド・フランス」なる番組がBSで放送されている事に自分が気付いたのは、既に「第2ステージ」が放送された後の事だった。


 と、いうわけで、「第3ステージ」である、コルシカ島レースの最終日から、録画を始めた。



 観た内容のすべてを記事に出さず、インパクトを感じた部分を掻い摘んで書いておきたい。

やはり、最初に観始めた「3日目レース」から。
 コルシカ島の Calvi から Ajaccio までの距離を走り抜くこのステージでは、マイヨ・ジョーヌ(総合優勝。黄色のジャージ)は バークランツ(Bakelants,ルクセンブルクのチームRadioshack Leopard所属) が取った。マイヨ・ヴェール(スプリント賞。緑のジャージ)は サガン(Sagan,イタリアのチームCannondale所属) 。
 マイヨ・ブラン(白いジャージ。新人賞で、これもステージごとに授与される選手は違う)は クフィアトコフスキー(Kwiatkowski,ポーランド出身) で、マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ(山岳賞で、白地に赤の水玉模様が入ったジャージ)は ローラン(Rolland,フランスのチームEuropcar所属) が取った。
 
4日目は、島を抜けた後にフランスの地に降り立ってからのチーム・タイムトライアル・レースだった。
 ここでは、ゲランズ(Gerrans) や ランカスター(Lancaster)(共にオーストラリア出身) や、後に大きく出て来る インピー(Impey,南アフリカ出身) らを擁するオーストラリアのチーム、オリカ・グリーンエッヂ(Orica Greenedge) がトップを取った。
 2位は、カヴェンディッシュ(Cavendish,イギリス出身)とクフィアトコフスキーを擁するベルギーのチーム、オメガ・ファルマ・クイック・ステップ(Omega Pharma-quick step)である。 

5日目のレヴューを飛ばして、6日目と7日目の様子を。
 ここで、先程名前を出した インピー が、マイヨ・ジョーヌの栄光に輝いた。ポイント自体はあまり取っていないものの、“南アフリカ出身自転車アスリートとして”の快挙を成し遂げ、かなりのインパクトを周囲に与えていたようだ。

8日目ステージでは、「今大会最も注目された男」として前評判の高かった フルーム(Froome)(イギリスのチーム、スカイ(Sky procycling)所属) が総合優勝と山岳賞を同時受賞 という快挙を成し遂げていた。
 また、コロンビア出身の キンタナ(Guintana,スペインのMovistar所属) が新人賞を獲得していた。

フルームは、第9ステージでも強さを発揮している。
 9日目は前日と似たような結果で、フルーム がマイヨ・ジョーヌ、キンタナ がマイヨ・ブラン、また サガン がマイヨ・ヴェールを獲得している(山岳賞は ローラン )。

10日目に当たる7月8日は、休息日。 開催から100回を数えるツール・ド・フランスの歴史を振り返り、第1回が1903年に開催されるきっかけから、その後のコースの変遷やレーサーの転倒・それに伴う怪我などの記録・記事が紹介されていた。

 第10ステージ、更にネット上で観れる最新情報によると第11ステージでも、第9ステージでジャージを着た4人(フルーム,サガン,ローラン,キンタナ)のメンツが受賞する という様子である。 ・・・強すぎるだろーが。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ツール・ド・フランス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。