スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直、「どうして今更こんなものを・・・」と気付いてしまった。(Jazz compilation -essential)

  「Metro Tin Can」シリーズが面白いと思って手を出してしまった作品「Giants of Jazz - the essential jazz collection」を。   購入記事
 当然、1000円程度と非常に安かったのが手を出した原因でもあるが。。。

V.A. 「Giants of Jazz - the essential jazz collection」 (2012年)
 「Here are 3CDs from the Greatest jazz performers of all time. Celebrating a host of crucial recordings from the truly iconic legends of jazz including Miles Davis, John Coltrane, Thelonious Monk, Louis Armstrong, Charlie Parker, Duke ellington, Dave Brubeck and many, many more...」という紹介文が付いている。

[ CD-1 : Blowing it hot ]
1. Milestone   (THE Miles Davis QUINTET)
2. Giant steps   (John Coltrane)
3. Cool struttin'   (Sonny Clark)
4. This I dig of you   (Hank Mobley)
5. Along came Betty   (Art Blakey and THE JAZZ MESSENGERS)
6. Moanin'   (Charles Mingus)
7. It's all right with me   (Sonny Rollins)
8. Blue monk   (Thelonious Monk)
9. Jubilation   (Cannonball Addrley)
10. Joy spring   (Clifford Brown)
11. Bouncing with bud   (Bud Powell's MODERNISTS)
12. Rhythm mad   (Dexter Gordon)
13. Nice and easy   (Johnny Griffin)

[ CD - 2 : Playing it cool]
1. Take five   (Dave Brubeck)
2. Stella by starlight   (THE Stan Getz QUINTET)
3. September song   (Chet Baker)
4. West coast blues   (Wes Montgomery)
5. The surrey with the fringe on top   (Ahmad Jamal, with Ray Crawford & Eddie Calhoun)
6. Taking a chance on love   (Lester Young)
7. Peri's scope   (Bill Evans)
8. Django   (THE MODERN JAZZ QUARTET)
9. It ain't necessarily so   (Oscar Peterson)
10. In the wee small hours   (Ben Webster)
11. Line for lyons   (Gerry Mulligan & Paul Desmond)
12. Senor blues   (Horace Silver)
13. You'd be so nice to come home to   (Art Pepper)
14. I'll close my eyes   (Blue Mitchell)
15. Killer Joe   (THE JAZZTET)
16. Ramblin'   (Ornette Coleman)

[ CD - 3 : Old masters & young lions]
1. Sugar foot stomp   (Fletcher Henderson and HIS ORCHESTRA)
2. Black bottom stomp   (Jelly Roll Morton's RED HOT PEPPERS)
3. East st. Louis toodle-do   (Duke Ellington and HIS ORCHESTRA)
4. I'm coming Virginia   (Bix Beiderbecke)
5. West end blues   (Louis Armstrong and HIS ORCHESTRA)
6. Tiger rag (1933 version)   (Art Tatum)
7. King Porter stomp   (Benny Goodman and HIS ORCHESTRA)
8. Lester leaps in   (Count Basie and HIS ORCHESTRA)
9. Everything is jumpin'   (Artie Shaw)
10. Summertime   (THE Sidney BechetQUINTET)
11. Body and soul   (Coleman Hawkins)
12. After you've gone   (Roy Eldridge & HIS ORCHESTRA)
13. Flying home   (Lionel Hampton AND HIS ORCHESTRA)
14. Groovin' high   (THE Dizzy Gillespie SEXTET)
15. Scrapple from the apple   (Charlie Parker)
16. Lullabye of Birdland   (George Shearing)
17. Castle rock   (Johnny Hodges & HIS RCHESTRA)
18. My funny valentine   (Guincy Jones AND HIS ORCHESTRA feat. Sonny Stitt)
19. City lights   (Lee Morgan)
20. Fuego   (Donald Byrd)
21. Open sesame   (Freddie Hubbard)


・・・・・・これだけの内容となると、「採点するのもおこがましい」と感じるくらいになってしまう。 「聴いた事のある」感のする曲が沢山出て来る というか、全てが“一度は聴(聞)いた事がある曲”である(苦笑)。
 いや、寧ろ、「難しい」というよりは「面倒くさい」というのが実質本音だったり(爆)。

・・・とりあえず、「頑張って」CD3枚をそれぞれ2回ずつ“聞”いた というのも本音だったり・・・

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : STANDARD JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。