スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県が世界に誇る、スラッシュ/エクストリーム・バンドの最新作+怒涛ライヴ!!! - OUTRAGE

 愛知県・名古屋市を代表する、スラッシュ/エクストリーム・メタルバンド、OUTRAGE による最新作が「良い」との話題を聞き、オープニングトラック "Lost" のPVを何度か観て、購入を決意。 その後、アルバムを聴いた勢いのまま、一気に「Live! - rise and shine」も注文してしまう。 ・・・後悔はない。   購入記事


OUTRAGE 「Outraged」 (2013年)
 SHM-CD盤にて購入。
オビ: 「アウトレイジがアウトレイジであるための存在証明ニュー・アルバム2013 再び名手フレドリック・ノルドストロームをプロデューサーに迎えた約4年ぶり通算11作目のオリジナル・アルバム、完成! そのタイムレスなアグレッションが彼ら以外の何者でもないサウンドで鳴らされる!」

1. Lost
 
2. Grip on chains
3. New horizon (I found you)
4. Suck it
5. Six million light years
6. Freya
7. This is war
8. Hey! I've got a feeling
9. In the air
10. Far away

 6.はインスト。
 イメージとして、「DESTRUCTIONTANKARD を足して2で割った」ようなスタイルに感じた。 ・・・尤も、どこの誰が何と言おうが、「このバンドの曲は十分世界標準レヴェルで通用できる」という事だけは間違いようのない事実であるが。
 歌詞は全て英語で、英文の日本語対訳を務めている小出優子さんが一部(1.~ 5., 7., 9., 10.)で作詞にも協力している。
 点数は、88点。 B誌では小澤さんが90点を付けていた。

・・・というか、話題の方向性がかなり変わると思うけど、
 根本的に、上で挙げなかったジャーマン・スラッシュの一角・SODOM の最新作「Epitome of torture」が、同じく7月号の輸入盤コーナーで紹介されていたけど、こちらは未だに「輸入版・国内流通版仕様」のみでしか販売されておらず、また前作「In war and pieces」も日本での発売が大きく遅れていたけど・・・ 何故? と不思議に思ってしまう。
 今回取り上げる OUTRAGE や他の海外のスラッシュ系バンドの活躍(最新作の出来栄え)や世界的な盛り上がりを鑑みれば、SODOM最新作の“日本国内盤”は出して然るべきと思うのだが。

 続いて、思いっきり物欲に負けた結果(苦笑)を。

「Live! - rise and shine」 (2011年)
 こちらは、CD盤のみのフォーマット。
オビ:「熱狂と共に迎えられたアルバム「アウトレイジ」(2009)を携え行われたツアー“RISE”のファイナル、2010.5.1クラブチッタ公演はそのアルバム「アウトレイジ」完全再現を第一部に、そしてキャリア網羅のベスト・セットリストを第二部に配する構成のライヴとして行われアウトレイジにとってまた新たな発火点として強烈に記憶される夜となった。そのライヴを、そしてその場の熱をこのアルバムに封じ込める。」

[ CD - 1 ( 「Outrage」完全収録) ]
1. Rise
2. You care? I don't care
 
3. Reign
4. Until you are dead
5. Fists full of sand
6. Shells rain down
7. Landshark
8. Shine on
9. Tor
10. Terrorizer

[ CD - 2 ]
1. Megalomania
2. You suck
3. The day of rage
4. Death trap
5. Just believe in me
6. Call of the hunter
7. Slowly but surely
8. Madness
9. Deadbeat
10. Fangs
11. Step on it
12. My final day

 CD-2 の 7.は、FLOWER TRAVELLIN' BAND のカヴァー。
 オビタタキの文章にある通り、ライヴ会場をヒートアップさせた CD-1 に続き、CD-2 収録の第二部では、既に最高潮に達したステージの熱を一切下げる事のない様子が聞こえてくる もとい、感じられる。 OUTRAGE の初期作品は、アルバムを持っていない為殆ど聴いた事は無いけど、寧ろ、だからこそ「ああ、会場全体が盛り上がっているな」と感じる事が出来る
 公的な動画は出ていないのか とも思うけど、国内バンドの場合はそういうのはあまり出回っていないように思う。 「気に入ったというリスナーには、きちんと金を出してもらう」というスタンスを打ち出すには、こちらの方が正しいのか というのは、自分には判らない。
 そんな商業関連のゴタクはともかく、点数は90点である。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : THRASH METAL
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。