スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華を舞台とする壮大なドラマ・第2期。 やはり、問題点があるのだが・・・

 アニメ「キングダム」第2期の3話が放送される前に、2話までの内容を軽く押さえておきたい。 取り敢えずその前に言っておきたいのだが・・・ 「相変わらず、音楽(オープニング曲)がダサい」 等、苦言を呈したい部分がちらほらある。



 原作漫画の方では、「黒子のバスケ」2期はともかく、「ダイヤのエース」に第2期放送が完全に先を越されてしまった「エリアの騎士」の天童一英が、青峰大輝率いる軍の最後の砦を攻めようと逢沢傑達の居城に止めを刺そうという所で、ついに佐伯祐介達が援軍に駆けつけてきた・・・ という所。

 麃公将軍―――!!! (ちょっと古いか?)  (※ 漫画の方での話) 



 そして、槍使い・日向と飄々とした伊月はチラリと姿だけを見せてくれたがセリフは無く、また白老将軍やそのド凄まじい手下2人はまだ姿を見せていない。
 オープニングの動画で、一番「おおおおおおおおおっ!??」と興奮したのは、ラストシーンでの廉頗将軍の登場である。

 取り敢えず、スッパマン@ドクタースランプ・アラレちゃん ・・・もとい、瓦を一枚しか割れない“壁恐し”のドギ@Ys というか、「ハイパーオーツの創造主」管巻名誉教授@PSYCHO=PASS =玄田哲章さん演じる呂不韋が、旧知の仲である春平君をダシに趙の愚王を脅し、バカ王に何故か忠誠を誓っているらしいという李牧を秦国首都、咸陽へと来させる。
 廉頗と違ってさっさと愚王を見捨てようとしない李牧は、辛くも秦趙同盟を持ち掛けて皆を牽制しようとするが、欲深い呂不韋が「もう一声」と仕掛けた(内容は大幅に割愛)事で、漫画にもでてきた有名なセリフ「値切れる気がしません。」を聞くことが出来た。
 秦にとっても重要な地と成り得る山陽(城は建造中だった)を明け渡すことで、苦々しくも趙国の面々はその場を去る・・・ 事になる。交渉の場に居た秦国の武人達の細かな表情は、信以外思いっ切り簡略化されていた。 前の、昌平君が信と羌瘣に今回の一件を説明していた時は丁寧な流れだったのに・・・


で、やっぱり・・・ 改めて思った事なのだが、
 「MAJOR」の時にも感じたのだが、原作漫画の内容を詳しく知っている者からすれば、このアニメはあまり褒められるような内容ではない(100点満点で70点半ば程度か)と思う。 アニメの方での今後の展開が不安視される(アニメ版での今後の展開を疑問視している)。

にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村   にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : キングダム
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。