スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇婁隋坊主 による、多分緩い感じ(?)のコンセプト驀進モノ。 (Jaldaboath)

 嘗て、「The realm of NAPALM RECORDS vol.Ⅲ」を紹介 もとい、購入・試(視)聴 した時に、一番気になっていたバンド、イギリスの JALDABOATH のアルバムを、ついに買ってしまった。   購入記事
・・・・・・で、色々と(英文の)ライナーノーツを読んでバンドの状況やアルバム制作背景を読み解いたりしてみた。

 バンドリーダーであり、ヴォーカルも務める Grand Master Jaldaboath が、"Officer of oratory" や "Knight of the keyboard realms" 以外にも "Grand guitarist inspector" としての肩書を持っている。
 他のメンバーは "Knight of the brazen bass" の称号を有する Sir Bodrick(身の丈以上の長剣を武器とする甲冑騎士) と、"First drummer deluxe" の称号を有する The mad monk(ドラムスティックと聖書を手にする修道僧) であり、また暫定的な隊員(?)として "Illuminator of the scrolls and scribe of the symbolic lodge" の称号を有する Squire Mick of usher が参加している。
 要するに、現時点では Vo兼G兼Key と ベーシスト と ドラマー のトリオ編成という訳である。
 徹底して、シアトリカル というか ステージパフォーマンス優先 という、作り込みの非常に効いた曲と衣装、そして音楽コンセプトである。


JALDABOATH 「The rise of the heraldic beasts」 (2010年)

1. Hark the herald
 
2. Calling on all heraldic beats!
3. Bash the bishop   
4. Seek the grail
5. Axe wielding nuns   
6. Jaldaboath   
7. Bring me the head of metatron
8. Jacque de molay
9. March to calvary
10. Da Vinci's code   

 9.はインスト。
 5.では、思いっきりスッポ抜けた感のある(=間の抜けた感じの)、大分ゆるいホーン・サウンドが聞こえてくるが・・・ 明らかに「ワザとやった」感が強烈に漂ってくる。ので、「へたくそ」と断じるのは早計かと思った。ただ、件の“意図的であろうスッポ抜け疑惑サウンド(?)”を聞くたびに笑えてしまうのは、ご愛嬌である。
 何かのボーナストラックである 10.は、呪術的なイメージがプンプンする。
 コミカルというかファニーというか、聴き手の笑いを若干誘いつつもきちんとメタルである事をアピールしている という、何と言うか、KISSTURISAS 、また ELUVEITIEARKONA にも通じるような楽曲構成が持ち味 ・・・だが、全体的なレヴェルとして、TURISASARKONA と比べて大分劣る(というか、比較的にお笑い路線を感じる(失礼) )というのが、何とも・・・・・・  あと、正統派メタルのリフを多用しているのも一つの特徴。
 点数は、79点。 こういうタイプのものに、ヘタに低得点を付けるのもどうなんだろうか? と思ったので・・・
 また、"Hammering Heraldic Metal", "Crusader-core", "Tumultuous Teutonic Templar Thrash" 等をバンドメンバーは標榜しており、メディアからは"Heraldic templar metal"とも称されている。

 とにかく、面白くて、注目したいとは思ったバンドである。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。