スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパを主戦場とする韓国出身女性ジャズ・ヴォーカリスト、ユン・サン・ナ(Youn Sun Nah)

 4月30日付のドイツのジャズ市場で最新アルバムがトップを獲得していた、ユン・サン・ナ (Nah, Youn Sun と欧米圏では表記される事がある) の、その最新作「Lento」と前作「Same girl」を。  購入記事

 父が指揮者、母が声楽家 という家庭に生まれ育ったというだけあって、バックボーンはジャズではないものの、音楽的素養が非常に高い事は窺える。1995年にパリに渡り、徹底的にジャズとシャンソンを修めた という。その後、ヨーロッパ、とくにフランス/ドイツ/北欧のミュージシャンと共演し、シーンで活躍したという。

 ここで紹介する2作共に、Ulf Wakenius(G) 、Lars Danielsson(Bass/Cello) 、Xavier Desandre-Navarre(percussion) の3名が関わっている。


Youn Sun Nah(ユン・サンナ) 「Lento」 (2013年)
   韓国国内で発売された盤。
 アコーディオン奏者として Vincent Peirani が参加している。

1. Lento
2. Lament
 
3. Hurt
4. Empty dream
5. Momento magico
 
6. Soundless bye
7. Full circle
8. 초우 (cho-u)
9. Ghost riders in the sky
10. Waiting
11. 아 리 랑 (Arirang)
12. New dawn

 8.は韓国版のみのボーナストラック。 点数は、85点

「Same girl - collector's edition」 (2011年)
   このアルバムが発表される前後に、彼女の存在を知って「チェックしていた」状態だった。 要するに、2年間買っていなかった という・・・
オビ:「 「シュバリエ芸術賞」(仏)、「ジャズ・アカデミー最優秀ヴォーカリスト賞」(仏)、「ECHO ジャズ・アワード」(独)を受賞し、ヨーロッパのジャズ・シーンで今、最も注目の才能、ユン・サン・ナの魅力が凝縮された2枚組。」

[ Disc-1: original album "Same girl" ]
1. My favorite things
2. My name is carnival
3. Breakfast in Baghdad
4. Uncertain weather
5. Song of no regrets
6. Kangwondo arirang
 
7. Enter sandman
 
8. Same girl
9. Moondog
10. Pancake
11. La chanson d'Hélène

[ Disc-2: multi media CD incl. video ]
1. Bitter ballad
2. Avec le temps
3. Peace
4. Utviklingssang
―・ Video: My favorite things
 

 収録曲の中に METALLICA のカヴァー曲があるが、これが実際聴いてみると、アコースティックギター・プレイも含めて、なかなか良い。
 点数は、86点

 2作とも、ジャズ・スタンダード以外にも韓国民謡やシャンソン、ロック/メタル以外にもユン・サン・ナ自作の曲、歌詞のないヴォイスパフォーマンス(スキャット)ものが収録されているという多彩な内容であり、「ジャズ」という領域に留まらない音楽のアンテナを持っている事が、聴く前から既に予測できる。
 実際に聴いても、あまり“ジャズ臭い”というイメージを感じなかった。とはいっても、いわゆるポップ系とは大きく違う歌唱法と歌唱力/表現力がある。
 彼女の声色は非常に多彩で、動画(全て彼女のYT上公式サイトから)でのパフォーマンスを観ても、彼女が何を歌っても見事なものに仕上げるセンスを有している(バックのインスト陣はいわずもがな)というのが良く判る。 要するに、Wakenius 達を含め、非常に才能の豊かなマルチ・ミュージシャンだという事である。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



・・・・・・しかし、最近仕事が忙しかったとはいえ、丸3日もブログを書いていなかったとは・・・ 
スポンサーサイト

テーマ : Female Jazz Vocal
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。