スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 「Metro Tins」 from SQUAREMUSIC, - LADIES SING THE BLUES

 先日(5/22)、久し振りに地元タワレコに足を運び、あちらこちらのコーナーを眺めてみていて、ふと 缶ケース入り という珍しい方式のCDセット「Ladies sing the blues」を発見してしまった。
 しかもそれが「1000円生活シリーズ」企画の中で販売されているため、ほぼ反射的に手に取ってしまった。 「レトロ缶包装」という、珍しくもあり同時に内部の破損し難い仕様になっているのも面白いな,と思ってしまったので、つい購入を決めてしまった。   購入記事


Various Artists 「Ladies sing the blues」 (2010年発売)
 「Ladies Sing The Blues is a lovingly compiled 3CD set featuring many of the greatest female singers of the 20th century. Each disc includes timeless performances from pioneers like Ma Rainey, Bessie Smith and Mildred Bailey as well as legendary turns from icons such as Billie Holiday, Ella Fitzgerald, Peggy Lee and Anita O'Day.」という紹介文が付いている。

[ CD - one ]
1. Lover man   (Billy Holiday)
2. Baby won't you please come home?   (Ella Fitzgerald)
3. Backwater blues   (Bessie Smith)
4. I got it bad and that ain't good   (Duke Elington & his orchestra feat. Ivie Anderson)
5. Ain't misbehavin'   (Anita O'Day)
6. Blues in the night   (Peggy Lee)
7. The gin house blues   (Bessie Smith)
8. St. Louis blues   (Maxine Sullivan)
9. All of me   (Billie Holiday)
10. Aunt Hagar's blues   (Lena Horne)
11. Basin street blues   (Ella Fitzgerald)
12. Dyin' by the hour   (Bessie Smith)
13. A porter's love song to a chambermaid   (Mildred Baily)
14. Booze and blues   (Ma Rainey)
15. Don't blame me   (Ethel Waters)
16. Long gone blues   (Billie Holiday)
17. Stone cold dead in the market   (Ella Fitzgerald)
18. How long has this been going on?   (Peggy Lee)
19. Empty bed blues   (Bessie Smith)
20. My old time   (D.Ellington & his orchestra feat. I.Anderson)

[ CD - two ]
1. On the sunny side of the street   (Peggy Lee)
2. Kitchen man   (Bessie Smith)
3. Sugarfoot rag   (Ella Fitzgerald)
4. Junk man   (Mildred Bailey)
5. Stormy weather   (Ethel waters)
6. Downhearted blues   (Bessie Smith)
7. Blues for bojanbles   (Anita O'Day)
8. Your mother's son-in-law   (Billie Holiday)
9. Electrician blues   (Lizzie Miles)
10. Sweet Georgia Brown   (Ethel Waters)
11. Mood ingido   (D.Ellington & his orchestra feat. I.Anderson)
12. Take him off my mind   ()
13. I can't it give you anything but love   (Anita O'Day)
14. Mad about the boy   (Lena Horne)
15. I got it bad and that ain't good   (Ella Fitzgerald)
16. Nobody knows you when you're down and out   (Bessie Smith)
17. I'm a mighty tight woman   (Sippi Wallace)
18. The blues I love to sing   (Adelaide Hall)
19. Am I blue?   (Ethel Waters)
20. Hard time blues   (Ida Cox)

[ CD - three ]
1. Beale street blues   (Lena Horne)
2. Harlem lullaby   (Mildred Bailey)
3. Send me to the 'lectric chair   (Bessie Smith)
4. Good morning, heartache   (Billie Holiday)
5. Shoe shine boy   (D.Ellington & his orchestra feat. I.Anderson)
6. O'Day blues   (Ada Brown)
7. Freight train blues   (Trixie Smith)
8. Hangover blues   (Una Mae Carlisle)
9. Frankie and Johnny   (Lena Horne)
10. My old flame   (Peggy Lee)
11. Let your linen hang low   (Rosetta Howard)
12. Evil mamma blues   (Ada Brown)
13. Rosetta blues   (Rosetta Howard)
14. Georgia on my mind   (Mildred Bailey)
15. It ain't necessarily so   (Maxine Sullivan)
16. Rockin' chair   (Mildred Bailey)
17. St.Louis blues   (Bessie Smith)
18. Cravin' a man blues   (Lillian Glinn)
19. Keep on a rainin'!   (Bessie Smith)
20. Toad frog blues   (Ma Rainey)

 このシリーズのタイトルとしては「~ blues」となっているが、曲を聴くと判るが、リズム&ブルースやジャズがメインとなっている。 1950年以降(20世紀後半)の ジャズ/ブルース(リズム&ブルース)/ファンク という、いわゆる ブラック/コンテンポラリー の領域を扱った内容である。
・・・・・・3枚併せて軽く3時間を超える(厳密には3時間12分22秒)内容のを、採点する為にそれぞれ3回聴いた・・・ 結構な重労働である。 また、自室でこれらを聴いている間に、勤務先への往復時にメタルを車内でガンガンかけて聴いていたのだが、その事で余計にか、(女声ジャズを聴いていて)「かったるい」という印象を持ってしまった のだが・・・
 ただ、「かったるい」とは思っても決して苦痛に感じる事は無かった ・・・というのは、自分の好きな音楽ジャンルという問題ではなく、元々の音質が「軽い」わけではないが 芯のしっかりとした、マイルドでありつつも卓越技巧によって演奏されている内容だから というのを、指摘しておきたい。
 点数は、83点。 ロックの源流ではないが、現在活躍する ジャズ/ブルース/R&B 系のアーティストの影響源を探るという意味ではかなり良い教材だと思う。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


・・・・・・しかし、60曲入りで1000円とは、凄まじいお宝物である。
スポンサーサイト

テーマ : Female Jazz Vocal
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。