スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代にまで語り継がれる、イタリアン・プログレッシヴ・ロックの歴史

 「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・ヒストリー」なる3枚組CDの存在を知り、興味が湧いたので手を出してしまった。   購入記事


V.A. 「Italian progressive rock history / Storia del rock progressivo italiano」 (2013年)
 監修を務めている 岩本晃一郎 氏がライナーノーツにかなり長大な文章を寄稿している。
 主に1970年代に活躍したバンドからの有名曲を集めたもので、3枚併せて、実に229分3秒に及ぶ、非常に質・量ともに濃ゆい内容量である。
オビ:「クラシック、ジャズ、アヴァンギャルド、実験音楽・・・・・・ それらのすべてを飲み込みながら独自の進化を遂げたイタリアン・プログレッシヴ・ロック。 そのドラマティックでロマンティシズム溢れるサウンドの歴史を俯瞰する3枚組CD。 PFM,バンコ、ニュー・トロルス、アレア、レ・オルメなど、イタリアを代表するアーティストがレーベルを超えて一堂に会した、世界初のコンピレーション・アルバム遂に完成。」

[ Disc - 1 ]
〔 PFM 〕  1. Appena un P6
       2. E' festa
       3. Impressioni di settembre
 
       4. La luna nuova
〔 BLANCO DEL MUTUO SOCCORSO 〕 5. R.I.P. - Requiescant in pace  
                     6. Metamorforsi
                     7. 750,000 anni fa... L'amore?
〔 NEW TROLLS 〕  8. Concerto grosso per Ⅰ[1゜tempo] : allegro
〔 OSANNA 〕   9. Preludio
          10. 'A zingara
〔 CERVELLO 〕  11. Melos
〔 LOCANDA DELLE FATE 〕  12. A volte un istante di quiete
〔 Richard Cocciante 〕  13. Corpi di creta

[ Disc - 2 ]
〔 LATTE E MIELE 〕  1. Introduzione
〔 ROVESCIO della Medaglia 〕  2. Il suono del silenzio
                  3. Cella 503
〔Arti & Mestieri〕  4. Gravità 9.81
            5. Strips
〔AQUA FRAGILE〕  6. Three hands man (L'uomo con tre mani)
〔GOBLIN〕  7. Profundo rosso
〔LE ORME〕  8. Sospesi nell 'incredibile
〔MUSEO ROSENBACH〕  9. Zarathustra: superuomo
〔J.E.T.〕  10. Fede speranza carità
〔IL VOLO〕  11. Gente in amore
〔IL BALLETTO DI BRONZO〕  12. Meditazione
                  13. Introduzione
    

[ Disc - 3 ]
〔 AREA 〕  1. L'elefante bianco
〔 Paolo Rustichelli & Carlo Bordini 〕  2. Nativita'
〔 CELESTE 〕  3. Principe di un giorno
〔 MAXOPHONE 〕  4. C'e un paese al mondo
〔 N.T.ATOMIC SYSTEM 〕  5. La nuova predica di padre O'Brien
〔 FESTA MOBILE 〕  6. La corte di hon
〔FORMULA 3〕  7. Rapsodia di radius
           8. Aeternum
           9. Cara Giovanna
〔 CAPITOLO 6 〕  10. Grande spirito
    
〔 THE TRIP 〕  11. Analisi
〔NUOVA IDEA〕  12. Dolce amore
〔Toto Torquati〕  13. Adagio per gli occhi di un bambino
            14. Il conto alla rovescia

 イタリア語で歌われている というのが理由なのかは定かでないが、全曲歌詞の記載が無い。
 オビタタキ文にあるようにクラシックやジャズの要素を取り込み、更にそこに本格的なクラシック(交響楽)系の楽器を持ち込んで演奏するだけに留まらず、オペラや地中海音楽、ラテン・ミュージック等の要素も盛り込まれた、面白い内容。
・・・・・・ただ、前述の通り質・量ともに結構あるので、ぶっ通して3枚を聴き続けると疲れてしまう。そんな意味も含めて、点数は79点

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : PROGRESSIVE ROCK
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。