スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワイルドな奴達」シリーズ(TV ラグビー・ウィークリー より)

 今週(月曜日)放送された「ラグビー・ウィークリー」の特集は、「ワイルドな奴 スペシャル版」という事で、過去に放送された中から抜粋した特集編だった。 (本日5/24 になって、ようやく観た(汗) )


まずは、「ラガール(Rugirl,rugby と girl を合わせた造語)」のはしりとも言える、“ラガール”の中でもスター的な存在となっている、鈴木彩香さん。
 好きな音楽がアイドルポップ系な彼女は、文武両道を目指しており、現在は立正大学の大学院に通い、男子ラグビー部員に混じって練習している。
 「あなたにとってラグビーとは」の問いには、「仲間作り」と答えていた。

次に紹介されたのは、当時現役高校生だった山沢拓也くん(深谷高校)。
 「高校ラグビー界で最も注目すべき選手」として紹介される。当時、高校生としては40年振りに代表スコッドに選出されていた。 中学時代はサッカーで活躍し、国内の数校からサッカー選手としてスカウトされたが、深谷高校ラグビー部の横田監督からスカウトされ、ラグビー界でも注目される選手として成長した。
 「あなたにとってラグビーとは」の問いには、「仲間との絆」と答えていた。
 
トリで登場したのは、「ラグビー・ウィークリー」第3回放送で既に取り上げられていた畠山健介選手が、遅ればせながら紹介される。
 「空飛ぶ横綱」の異名をとる、日本を代表するプロップの彼は、北島忠治(明治大学監督)の名言「スクラムの1cm後退は、バックスの1m後退に匹敵する」をその頭に刻み込んでおり、優れたFW選手としてのトレーニングを欠かさない。また、「一番強かった相手」として挙げたのは、現在ヤマハでFWコーチを務めている長谷川慎さんであった。
 「あなたにとってラグビーとは」の問いには、答えにならない答えを語り出し、これからもっと精進したいという抱負を語っていた。


 オリンピックで7人制ラグビーが承認されて以降、日本では男女共に若手世代から才能ある者を発掘したり全体のスキルを底上げするような取り組みがなされている。
 更にその3年後にはラグビーのWカップが日本で開催される。それに向けて、特に今回取り上げた山沢や鈴木さん達と同世代の選手が互いに切磋琢磨してレヴェルアップし、また、現在中学生辺りの選手が成長して追いつけ追い越せの関係になり、日本ラグビー界のレヴェルアップに貢献する事を期待したい。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ    にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村     にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。