スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Technical,Progressive, Classical & Fusion Taste Living Scene - PSMS's Album

 非常に高次元なテクニカル・インスト・ライヴもの「Portnoy, Sheehan, MacAlpine, Sherinian」を。   購入記事

 結成のいきさつはともかく、その内容には非常に興味が惹かれてしまい・・・ 初回限定盤の 2HQCD+DVD+ブックレット版 の値段に思わず引いてしまい(苦笑)、より安い方を選んだ。 (現在では、CDのみ版は販売されていない様子)


Portnoy, Sheehan, MacAlpine, Sherinian 「Live in Tokyo」 (2013年)
  2012年11月14日のライヴの様子がそのまま収録されている。 
オビ:「4人の巨匠が奇跡を起こす! 徹頭徹尾、超絶技巧の応酬! 怒涛の90分一本勝負開演!」

[ CD - side ]
1. A change of seasons Ⅰ. The crimson sunrise
2. Acid rain
3. The stranger
4. Apocalypse 1470 B.C.
5. Tony MacAlpine guitar solo
6. Been here before
7. Birds of prey (Billy's boogie) - Billy Sheehan's solo
8. The farandole
9. Mike Portonoy drum solo / Nightmare cinema
10. Hell's kitchen
11. Derek Sherinian keyboard solo
12. Lines in the sand
13. Shy boy

[ DVD - side ]
1. A change of seasons Ⅰ. The crimson sunrise
2. Acid rain
3. The stranger
4. Stratus
5. Apocalypse 1470 B.C.
6. Tony MacAlpine guitar solo
7. Been here before
8. Birds of prey (Billy's boogie) - Billy Sheehan's solo
9. The farandole
10. The pump
11. Mike Portonoy drum solo / Nightmare cinema
12. Hell's kitchen
13. Derek Sherinian keyboard solo
14. Lines in the sand
15. Shy boy

 DVD盤にある(CD盤ではカットされている) Stratus と The pump はそれぞれ、Billy Cobham(フュージョン・シーンの人物) と Jeff Beck のカヴァー曲。
 ポートノイ 氏がMCを務め、会場を沸かせていた ・・・が、DVDを観て自分が一番目を惹かれたのは、メンバーの中で最高齢の ビリー・シーン によるステージ・パフォーマンスである。 様々なプレイをする以外にも、何度も片手でベースを持ち上げたり(いくら軽量仕様とはいえ・・・)片足を何度も上げたり、・・・などと、他の3人よりも明らかにパフォーマンスのためのステージ上での動きが多い。
 しかも、アンコールの 13. では歌いながらベースを弾いていたし("Shy boy" を歌っていたのは ポートノイ&シーン で、マカパイン&シェリニアン は口を動かしさえもしていなかった)。
 この、(DVD用の)一発撮りのライヴの当日、マカパイン 氏が38℃の高熱を出していて動きが少なく、何度かステージの後方に移動していた事を含めても、ライヴ中の シーン 氏の動きは、相当に激しかった。 観ていて「あれ、そういや年齢いくつだっけ、この人?」と、何度も思ってしまった。

 点数は、97点。 B誌では、Kawai さんが83点を付けていた。 こういうのって、クロスレヴューされなくていいのか? と思うのだが・・・

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : インストゥルメンタル
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。